最新CRMソフトウェア「Maximizer CRM Live」のご紹介 - SFA Hacks - SFA徹底攻略!SFAの今を伝える

SFA徹底攻略!SFAの「今」を伝える

最新CRMソフトウェア「Maximizer CRM Live」のご紹介

投稿日:2014年07月25日  最終更新日: 2014年11月13日

はじめに

近年、多くの営業の場で取り入れられることが多くなったCRMですが、まだまだ、発展途上であることは否定できません。色々な情報を違う場所から集め、バラバラに整頓・管理していた従来のシステムとは違い、CRMでは保有している顧客情報をできるだけ一つにまとめ、クレームや行き違いを改善させることを目的としています。もちろん、そんな莫大な情報量のものを管理しようとなると、手作業ではどうしても追いつかなくなります。
そこで、そんな営業マンの悩み解決に一役買ってくれるのが、近年急増中のCRMアプリケーションです。
その中でも今回はCRMソフトウェア開発会社である、Maximizer Softwareの最新モデルのソフトウェア「Maximizer CRM Live」を紹介しようと思います。

 

 

Maximizer Software

Maximizer_CRM_10_tag2

Maximizer Softwareは1995年に発足した企業で、CRMソフトウェアを中心とした数々の便利な企業用ソフトウェアを開発・販売しています。もともとはPIM(Personal Information Management)や、Contact Management Softwareなどの営業の便利化を目的としたソフトウェアの開発・販売をしてきましたが、近年では、その両方を併せ持ち、さらに多様な機能が組み込まれたCRMソフトウェアに力を入れています。そんなMaximizer Softwareが新しく販売を開始したのが、「Maximizer CRM Live」です。従来のバージョンのCRMソフトウェアに含まれていた機能は基本的には顧客情報の管理と一括性に特化したものであり、言ってしまえば、CRMソフトウェアとして必要最低限のサービスを実現するだけのものでした。
しかし、「Maximizer CRM Live」では、オールインワンCRMとモバイルアクセスに力を入れ、従来のCRMソフトウェアより一層便利なものになっています。

 

オールインワンCRM

「Maximizer CRM Live」では、独自に開発したオールインワンCRMで、マーケティング・オートメーション、セールス・フォース・オートメーション、カスタマーサービスの3つの要素を一つにまとめ、より効率的なCRMソフトウェアとしています。

 

マーケティング・オートメーション

自身であらかじめ顧客をグループ分けしておき(見込み客、普通顧客、有力顧客など)、各グループに合った内容の広告等を自動的に配信し、見込み客の成長と同時に顧客の関心を高めるシステムです。グループ別に対策を練り、それをオートで定期的に配信してくれるので、対策を練りやすいうえに、利便性にたけています。

ネガティブコメントにこそ商機あり!SUBWAYのソーシャルCRMの取り組みに迫る

 

セールス・フォース・オートメーション

売上げ等の現状をグラフに起こし、現状把握と有力なパイプラインの発見に役立つシステムです。グラフは、必要ならば会議等でそのまま使用することもできるので、個人的な理解に役立つだけではなく、他人に説明する場合にも役立ちます。

 

graphs

カスタマーサービス

顧客からの連絡があった場合に、ページを開くと同時に今までのコミュニケーションも同時に確認し、顧客一人一人に対しさらに深い理解を深めることができるシステムです。顧客引き継ぎ等で、新しい顧客の担当をすることになった場合でも、過去のやり取りを随時確認できるので、企業内での伝達ミス等を防ぐことができます。

 

 

モバイルアクセス

「Maximizer CRM Live」では、名前の通り、常にLive状態でいることができます。どういうことかといいますと、ソフトウェアをダウンロードした携帯端末を持ち歩く際に常にWifi機能を利用し、常に最新の顧客情報を確認することができます。それによって、より迅速なカスタマーサービスに加え、時と場合をえらばずに状況確認をすることができます。常に出張や残業が付きまとう営業マンにこそ必要な機能だと思います。

LINE ビジネスコネクトをより手軽に利用できるCRMツール「Pipes」

 

 

おわりに

多様な機能を兼ねそろえたCRMソフトウェア、「Maximizer CRM Live」を紹介させていただきましたが、どうでしたでしょうか。まだまだ発展途上のCRMソフトウェアは使い辛いもの多く、なれない人も少なくないと思います。しかし、一回使いこなしてしまえば、CRMソフトウェアは営業の強い味方になるはずです。より効率性の高い営業のためにも、CRMソフトウェアについての知識を深めてみてはいかかがでしょうか。

 

 

↑
気になる語句で検索してみましょう!