顧客管理システムの導入でお客様とより強い関係を! - SFA Hacks - SFA徹底攻略!SFAの今を伝える

SFA徹底攻略!SFAの「今」を伝える

顧客管理システムの導入でお客様とより強い関係を!

投稿日:2016年01月15日

顧客管理システムの目的は顧客との関係性構築にあり!

kokyaku1月5日-1

顧客管理システムを構築したり導入したりする企業が、ここ最近増えつつあります。それは「利益率アップ」と「経費削減」のためです。特に後者のほうが意味合いが大きいのではないかと思います。顧客管理の手間をいかに省くか?これが経費の節約に大きくつながるからです。

例えば会社訪問や紹介、交流会などで交換した名刺の管理を考えてみましょう。一つ一つクリアファイルに入れたり、スキャナにとってクライアントごとに整理したりするのは大事なことです。

しかし、それらを一つ一つ行うのはかなり手間がかかりますし、時間も取られますよね。それも仕事時間に行いますから、それら一つ一つには、内在的に経費も発生しますし、本来やるべき仕事ができずにそちらに手を取られてしまうので、非効率でもあります。

だからこそ、管理のためのシステム作りが大事となり、ひいてはシステム化することが必要になるのです。

ここで、一つ疑問が生まれます。それは「顧客管理システムは経費節約のためにやるものなのだろうか?」ということです。実はもう一つ大事な役割があります。それが「顧客との関係性構築のため」です。顧客管理システムはお客様とのつながりを維持し、できるだけ強い関係性を作り上げるための必要不可欠なツールなのです。

お客様との関係性が出来上がっていれば、提供する商品やサービスをご購入いただけ、ご満足いただけるようになるからです。「あなたの言うことなら大丈夫」「御社の言うことなら信用できる」と思っていただけるようになり、そこから利益が上がるのです。

名刺管理もシステム化することで顧客管理が合理的に

kokyaku1月5日分-2

先ほど挙げた名刺ですが、こちらもシステム化することによって合理的な顧客管理が可能になります。

名刺交換をして時間が経ってしまうと、「この人誰だったっけなぁ?」というふうに、名前と顔が一致しなくなることありませんか?そうなると、せっかく獲得できた顧客情報を、きちんと活用できなくなってしまいます。顔と名前が一致しないことには、アプローチしようもないですものね。

システム化によって、こうした問題を手早く解決できます。クライアントごとにクリアファイルに整理したり、フォルダを作って整理することで、「どの会社の誰だっけ?」ということが起こりにくくなります。さらに細分化してもいいですね。クリアファイルに付箋を付け、部署ごとに管理することも可能です。そうすると、○○会社の△△部の誰々さん、ということがより明確になるでしょう。また名刺をスキャナにとり、PDFなどの形式にしてフォルダに整理しておくことによって、人が特定しやすくなっていきます。

一番ラクなのは顧客管理システムを自動化すること!

ただし、先ほど述べた方法は手作業で行う必要があり、相当な時間や手間が必要です。この整理に時間を費やしてしまって、本来の営業の業務に支障が出るようでは本末転倒と言えます。やはり一番ラクなのは、自動化ですね。自動化することによって煩わしい手間を省け、本来必要な業務に専念できます。

Sansanでは自動で人脈の可視化ができるので、手間や時間を省くことができます。すべての顧客を一元的に管理でき、誰でもその情報を共有できるのです。

そのため、どこに営業をかければいいか、誰にアポを取ればいいかが、すぐに明確になります。場合によっては意外なところから営業先を獲得できたり、思わぬところからつながりを見つけることもできるのです。この機会にぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか?

lp_crm_725x200

 

↑
気になる語句で検索してみましょう!