CRMはフリーでも大丈夫?高価なCRMとの違いはどこ? - SFA Hacks - SFA徹底攻略!SFAの今を伝える

SFA徹底攻略!SFAの「今」を伝える

CRMはフリーでも大丈夫?高価なCRMとの違いはどこ?

投稿日:2016年03月01日

フリーのCRMでも効果があるの?

hatena-1184896_640

コンピュータが普及している現代は、データ分析を駆使した営業が当たり前になっています。データ分析を的確に行えば、営業効率を上げることができるからです。

ところが、データ分析は勘と経験だけではなかなか難しいもの。こうした場合に、CRMのようなシステムが必要になります。CRMは高価なものから無料のものまでさまざまですが、フリーのCRMでも効果はあるのでしょうか。

高価なCRMはなぜ高い?

フリーのCRMの有用性について考える前に、高価なCRMが存在する理由を把握しておきましょう。

CRMでは、機能を大量につけることができます。システム開発しさえすれば、単なる顧客への販売データのみならず、ミーティングの回数や担当者のほか、季節ごとの売り上げ変動など、様々なデータの活用が可能です。こうした機能を多くつければつけるほど、システムの開発コストがかかり、CRMの価格も上がってしまいます。

ところが、高度な機能があるからといって、営業に役立つとは限りません。というのも、そもそも高度な分析をしないと営業できないとは言えないからです。

特に、収益を上げやすい顧客を多く抱えている場合は、それほど詳細なデータ分析をしなくても、十分なケースがあります。そのため、高価なCRMがあっても、営業成績の向上につながらない可能性があるのです。

また、高度な機能が使えればよいのですが、実際にCRMシステムを操作する現場社員が、ITシステムに弱い場合もあります。特に、中小企業などでエクセルシステムを長期にわたって使っていた場合などは注意が必要です。

システムの導入を検討する担当者はある程度システムに詳しく、高機能を使えるかもしれません。しかし、現場の人間が高度な機能を使いこなせるかどうかは別問題です。

このように、高価なCRMにはそれに見合うだけの高度な機能がついているものの、営業に役立つとは限りません。したがって、CRMを導入する際には、「高い=役立つ」という思い込みをしないように気をつけましょう。

フリーのCRMソフトとは?

student-849825_640
次はCRMソフトにかかるコスト削減について考えてみましょう。CRMソフトの中には、なんとフリーで提供されているものがあります。フリーソフトだと、たとえあまり使い勝手が良くない場合でも、使用をやめればコストが無駄になりません。そのため、まずはフリーのCRMソフトを試してみるのがおすすめです。

フリーのCRMソフトとしては、F-Revo CRMなどが挙げられます。このCRMソフトは日本のみならず、世界各国で利用されている実績があります。ダウンロード実績が400万以上あることから、高い評価を受けているといえます。

F-Revo CRMの魅力は、フリーでありながら、カスタマイズができる点にあります。フリーだからといってカスタマイズできる部分が少ないと、自社の営業データをうまく処理できない可能性があります。

ところが、F-Revo CRMではカスタマイズが認められていることにより、ダウンロードしたCRMソフトと自社向きに改良することができます。

さらに、デザインも自由に変えられることから、ITシステムがあまり得意でない社員にもわかりやすい表示を実現できます。もちろん、これらのカスタマイズを行うには自社で人材が必要になりますが、もし人材がいない場合でも、基本的な機能をフリーで使える点は大きなメリットです。

加えて、有料のCRMだと多くの社員が利用すればするほど費用がかさみますが、フリーソフトだとコスト増加の心配がいりません。そのため、思う存分、営業部隊にCRMを活用させることができます。

まとめ | フリーのCRMと効果なCRMとの違い

2つの違いは、自由に使える機能面などにありそうです。高価なほど、自由に使える機能が多い傾向にありますが、必ずしも「高いものがいい」「機能が多数付いている方がいい」というわけではありません。

自社に必要な機能は何か、CRMに求めるものは何かをしっかり検討した上で、フリーのCRMを利用するか、有料のCRMを利用するかを考えてみてはいかがでしょうか。

ダウンロード資料

SFAを通して働き方を変えるための資料をご用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

3分で分かるSansan

事例集

営業日報テンプレート

無料SFAサービスの比較資料

↑
気になる語句で検索してみましょう!