ZohoのCRM 導入に失敗しない理由とは - SFA Hacks - SFA徹底攻略!SFAの今を伝える

SFA徹底攻略!SFAの「今」を伝える

ZohoのCRM 導入に失敗しない理由とは

投稿日:2016年02月09日

ZohoのCRM

CRM

CRMとは、顧客情報を会社内の各部門で横断的に共有・活用するシステムです。各部門の課題や要求に応じて設計されるため、大型かつ複雑なシステムになりがちです。

そのため、現場担当者の入力作業の負荷が大きくなる上に、導入結果がすぐに目に見えないために、社員の士気を低下させることもあります。結果、導入はしたものの、定着せず頓挫するケースも見受けられます。

また、中小企業ではシステムに魅力を感じても、大きなコストと「定着しないではないか」という不安のため、二の足を踏むこともあるようです。

そこで、少ないコストでスタートでき、定着率の高い「Zoho」のCRMを紹介します。

ZohoのCRMの導入ハードルが低い理由

section1_image

巷ではさまざまなCRMやSFAなどのサービスが提供されていますが、導入する前に試しに使ってみることができれば、自社のニーズや現状にマッチしたものか、また安定的に継続できるかなどを判断することができるでしょう。実際に、30日間など期間限定で無料試用期間を設けるベンダーもたくさんあります。

Zohoはユーザー数限定ですが、無料かつ無期限で使えるサービスを提供しています。期限の限定がないので、ユーザーは時間をかけて、丁寧に検討を進めることができるでしょう。

有料のコースも、スタンダード、プロフェッショナル、エンタープライズと、企業や事業の成長に合わせて機能を拡張できるよう配慮されています。また、いずれもリーズナブルな価格でスタートできるように設定されているところもポイント。

Zoho CRMでは、登録したさまざまな顧客データなどを、いつでも一括でCSVファイルとしてエクスポートすることができるので、万が一中断する場合でも、それまで蓄積したデータが無駄になりません。これもZohoの大きな特徴のひとつ。

顧客データを囲い込むことをしないことをポリシーにしており、いつでも始められる、いつでも止めることができる、という点で他社との相違を明確にしています。

Zohoの基本機能

344aefc14e6a44853b9d3935745d021a_s

1. 顧客データの一括登録

エクセルなどで管理している顧客・案件データの一括登録が可能なだけでなく、ホームページの問い合わせや資料請求フォームからの顧客データも直接Zoho CRMに取り込むことができます。

2. 見込み客管理

登録された見込み客に対してのフォローアップを支援します。見込み客の属性や関心を持つ対象などを条件に、顧客を抽出してリストを作成することで、テレセールスを行ったり、ステップメールを送信したりすることが可能です。

また、フォローの過程で相手の関心の高さや検討状況に応じて、有望かそうでないか、フォローを継続するかなどのランクを設定することができます。

3. 商談機能

見込み客が有望顧客に変わり、商品・サービスの購入検討段階に入ったら、商談機能が役立ちます。商談機能は、受注予定日や受注見込額を入力し、商談の進捗と内容から受注確度を数段階のランクに分けて管理します。

この機能により、売上予測や将来的な売上見込を把握できるようになります。

4. モバイル機能

Zohoモバイルは、iOSやAndoroidをOSとする携帯端末、及びその専用アプリに対応します。呼び出した顧客情報からワンタップで電話をかけたり、地図を表示したりすることができます。営業やカスマムは、事前に地図を準備したり確認したりするなどの余計な手間をかけずに、効率よく行動できるようになります。

出先から顧客にメールを送ることも、スマホアプリで簡単に行なえます。また、電話をかけた履歴も活動ログとして自動的にCRMに記録されるので、顧客とのやり取りの日時を振り返ることができます。

CRMに登録されている顧客からのメールについては、自動で選別され、着信があれば通知してくれるので、顧客からの問い合わせや要望に迅速に対応できます。

専用のアプリを使えば、打合せや電話の後に、依頼事項や次の予定、メモなどを素早く登録できるので、うっかり忘れるということがなくなります。

おわりに

bsSEP88_nomadocyu15221303

Zoho CRMの基本機能を説明しましたが、ご紹介したもの以外にも、便利で有効な機能が多々あり、追加も簡単にできます。CRMの利用を継続する過程で、取捨選択を繰り返し、事業とのマッチ度や社員の習熟度に併せてカスタマイズしていくことができるので、定着しやすいシステムと言えます。

インターフェイスのカスタマイズも、ドラッグ&ドロップで直感的にレイアウトを変更できます。項目の追加は変更、削除も簡単に自由に行うことができます。

まずは無料コースで試験的にスタートさせ、自社にマッチしているか、定着し成果をあげられるか、検討するのが良いでしょう。

ダウンロード資料

SFAを通して働き方を変えるための資料をご用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

3分で分かるSansan

事例集

営業日報テンプレート

無料SFAサービスの比較資料

↑
気になる語句で検索してみましょう!