スマホでクレカ決済!営業でも店舗でも使えるモバイル決済サービス2選 - SFA Hacks - SFA徹底攻略!SFAの今を伝える

SFA徹底攻略!SFAの「今」を伝える

スマホでクレカ決済!営業でも店舗でも使えるモバイル決済サービス2選

投稿日:2014年09月19日  最終更新日: 2015年08月26日

はじめに

スマホでクレカ決済!営業でも店舗でも使えるモバイル決済サービス2選
57.4%がクレジットカードを使えるお店を選んでいる。
これはモバイル決済サービスを展開するコイニー株式会社が2014年6月に発表した、「クレジットカードに関する利用状況調査2014」において明らかになった数字です。
通販では必須と言われるクレジットカード決済ですが、実店舗でもクレジットカード決済の有無が顧客関係を左右していると考えられます。
しかもアベノミクス以降、クレジットカード利用額は2年間で約19%も増加傾向にあり、今後ますますクレジットカード需要が高まることが予想されます。

しかし中小規模の店舗になると、大きなクレジットカード決済端末を店舗に置くのが大変だったり、端末購入費用や手数料と利用者人数との兼ね合いを考え、クレジットカード決済導入を控えているところも少なくありません。
そんな店舗担当者にぜひチェックしていただきたいのが、近年普及するモバイル決済サービスです。従来のクレジットカード決済端末よりも、大きさも価格もスマート。場合によっては手数料も抑えることができるので、店舗担当者のみならず、集金が必要な営業担当者にも広く利用されています。

使い方はとても簡単で、各会社から提供・販売されているリーダーをスマートフォンにのイヤホンジャックに差し込み、専用のアプリを各スマートフォンやタブレットにインストールしておくだけ。もちろん使用するためには店舗の審査が必要ですが、従来のクレジットカード決済端末の設置に比べると、かなり簡単に設置できるのではないでしょうか。
今回はそんなモバイル決済サービスの中でも、ぜひ注目しておきたい4つのサービスについてご紹介します。

お客様を待たせない「Coiney」

スマホでクレカ決済!営業でも店舗でも使えるモバイル決済サービス2選
先ほどご紹介した調査を実施した、コイニー株式会社が提供するモバイル決済サービスです。後述するペイパルの法人立ち上げに参画した佐俣奈緒子氏が代表取締役を務める、国内モバイル決済ベンチャーの代表格とも言うべき企業です。
決済手数料が一律3.24%に設定されている点や、Coineyリーダー自体は無料という点もさることながら、最大のポイントはそのスピードにあります。
まず、利用申し込みから利用開始までのスピードが最短2営業日であること。そして、1万円以下であればサインレスで決済できるということです。クレジットカード利用時のデメリットである「スピード」をカバーしたサービスで、2013年のサービス開始より、導入店舗を増やしつつあります。振込手数料は10万円未満で200円、10万円以上なら無料というのもポイントです。

米スターバックスでも採用されている「Square」

スマホでクレカ決済!営業でも店舗でも使えるモバイル決済サービス2選
Twitter創業者の一人であるジャック・ドーシーと、起業家のジム・マッケルビーによって、2009年に米国で始まったサービスです。2013年に三井住友カードと業務提携を行い、現在日本法人が設立されています。すでにスターバックスを始めとした、世界企業にも導入実績を持つSquareは、サービス面でも信用面でも高い評価を受けているサービスとして注目されています。
個人事業主でも利用できることや、一部サービスを除き最短翌営業日入金が可能なこと、初期費用が0円であることや、決済手数料が3.25%という点など、魅力的なサービスが多数用意されています。銀行振込手数料がかからないのも大きな魅力だと言えます。

その他にも楽天スマートペイやペイパルなどのサービスがあるモバイル決済。クレジットカード決済の有無で顧客関係を切らさないためにも、導入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

↑
気になる語句で検索してみましょう!