これからの時代にないと損するオススメ顧客管理ソフト - SFA Hacks - SFA徹底攻略!SFAの今を伝える

SFA徹底攻略!SFAの「今」を伝える

これからの時代にないと損するオススメ顧客管理ソフト

投稿日:2015年12月15日

オススメ顧客管理ソフトと言えば?

顧客管理

これまでにはなかったのではないかというくらい、今は関係性作りが重要になっています。だからこそ、今後さらに、名刺管理やリスト管理などが重要になってくることでしょう。

売れている会社、業績が上向いている会社、右肩上がりの会社ほど、顧客管理にしっかり注力しているものです。

特に名刺だと、交換した名刺をどう保管し、管理するか。そして今後の営業活動にどう活用するかといった使い方ができます。さらに、頂いた名刺から誰と誰がつながっているのか、親密な関係なのか、誰がどのような業務に関わり、どういうことが専門なのか、ということをわかっていると、営業するときにアプローチ方法を組み立てられるようになるのです。

あらかじめどの部署の誰にアプローチすればいいかがわかっていれば、営業をかける時の切り口がわかるので、相手の立場に立った営業にもつながります。そのためには、顧客管理の一環として名刺管理ソフトを導入することによって、合理的かつ効果的に顧客管理を行う必要があります。

名刺管理による顧客管理ソフトを

タイトル

 

名刺管理ソフトはいくつかありますが、ここでは「クラウド名刺管理Sansan」をおすすめします。

たまった名刺をクラウドで管理することによって、効果的な顧客管理が可能になります。そしてこのソフトを使えば、名刺によって誰と誰が交流関係があるのか、ということも予測ができるのです。

これまでは名刺を受け取っても、誰が誰かわからないということがよくありました。これでは、せっかく頂いた名刺を無駄にしてしまいます。

「クラウド名刺管理Sansan」ではそれが解消され、どこの部署の誰なのかが分かるようになるのです。しかも、自社の別部署で得意先の役員とつながりがあれば、それも管理ソフトでわかるので、つながりのある社員の方を通して紹介してもらえることも可能になります。

そうなると、次へのプロジェクト受注やさらなる顧客開拓、あるいはニーズの発掘といったところにまで広がるのです。

また、名刺を交換した相手の最新の名刺情報や相手の人事情報などを受け取ることもできます。Sansanは名刺管理にとどまらず、さまざまな最新情報を得るためのシステムとしても活用いただけます。

顧客管理ソフトは営業支援であることを忘れずに!

名刺管理もそうですが、顧客管理を人の手でやろうとすると、骨の折れる作業です。それに名刺をファイリングして保管しても、誰の名刺がどこにあるのかを探すのも面倒ですよね。そういう煩わしさを解消するだけで、労働時間の短縮につながるだけではなく、本来の業務に集中できるという側面もあるのです。

できればそのような事務作業は最小限にとどめ、できるだけ本来やるべき仕事にフォーカスしたいところでしょう。顧客管理ソフトはそのための支援ツールでもあるのです。

そして、効果的に合理的に顧客管理をしっかり行い、そこから得意先とさらなる強い関係性を構築して、営業成果をあげることに注力していただきたいと思います。「クラウド名刺管理Sansan」はそのためのオススメツールです。ぜひご検討してみてください。

↑
気になる語句で検索してみましょう!