営業力強化!明日から始められる天声人語の書き写しでビジネス力up! - SFA Hacks - SFA徹底攻略!SFAの今を伝える

SFA徹底攻略!SFAの「今」を伝える

営業力強化!明日から始められる天声人語の書き写しでビジネス力up!

投稿日:2015年09月15日  最終更新日: 2015年10月19日

営業力強化の訓練として注目されている天声人語

ここ数年で人気となっているのが天声人語の書き写しです。定期的に行う研修と同じように、毎日短い時間でも継続することで社員のスキルアップを促すことができます。今、子どもから大人まですぐに始められる訓練として注目されています。

新聞のコラム文は記者の中でも文章力のある人が担当します。物書きのプロが書く文章を書き写すことで、文章力だけでなく色んなスキルアップが期待できるのです。

 

書き写しでこんなスキルが身につく!

天声人語

天声人語は朝日新聞に掲載されるコラム文。朝日新聞を購読していなくても朝日新聞のニュースサイトから毎日確認することができます。天声人語の書き写しを繰り返すことで身についていくスキルをご紹介していきます。

文章力のup

文章力の高い記者の文章を読むと、表現や構成も素人とは違うことが感じられると思います。毎日、質の高い文章を読むことで自然と文章力が身についていきます。読む人に伝わりやすい文章を書くために、細かい工夫がされていることに気づかされるはずです。

集中力を養う

今は仕事にもパソコンやスマホを使うことが多く、実際にペンで紙に書くという行為が少なくなりました。手を使って実際に書くことで、集中力を高めることができます。書く行為が少なくなると、字も下手になっていくのを感じたことはないでしょうか。

時事力を身につける

天声人語の内容は主に今注目されているニュースの内容で書かれています。今は新聞の購読率は減り、ニュースアプリなどが代用されるようになりました。上手に活用できている人は良いですが、どうしてもニュースの知識が偏りがちです。毎日天声人語を読むことで世の中で起きている出来事をバランス良く知ることができます。

読む・書くスピードが上がる

天声人語を書き写すのにかかる時間は1日で10分から15分程度。毎日繰り返すことで、書き写す時間がどんどん短縮されていくことに気づくはずです。これは、一度見たときに文章を把握できる文字数が増えているからです。

同じ量の文章を読むと、今までよりも読むスピードが上がっています。同様に書くスピードも上がっていきます。これは読解力、記憶力が身についている証拠です。「読む」「書く」スピードが上がることで仕事効率も変化し始めるでしょう。

継続力を身につける

書き写しは毎日続けなければ意味がありません。続ければ続けるほど達成感が増し、継続することの大切さを感じられます。日常生活において「食べる」「寝る」の他に毎日続けていることというのは意外と多くありません。継続できるものを新しくつくることは、日常のメリハリに繋がります。

 

天声人語書き写しノートが300万部突破

書き写しノート

会社だけでなく学校の学習でも活用されるようになったことから、天声人語書き写しノートは300万部を突破しました。学習用、美文字用などいくつか種類がありますが、どれも200円~300円程度で購入することができます。実際の天声人語と同じ字数、行数の原稿用紙が印刷されているノートです。

天声人語は毎回603文字と決まっているので、ピッタリおさまるようになっています。一冊で一ヶ月分使用できるので、一ヶ月書き続けた達成感も味わえるはずです。毎日続けることが大切なので、このような専用ノートを社員分用意してしまうのも良いかもしれません。

 

おわりに

天声人語の書き写しであれば、特に準備もなく明日から始められます。セミナー形式の研修を行うことも大切ですが、このように毎日10分程度でも継続することで少しずつスキルアップしていく方法があります。朝礼後などに社内で一斉に始めてみてはいかがでしょうか。

ダウンロード資料

SFAを通して働き方を変えるための資料をご用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

3分で分かるSansan

事例集

営業日報テンプレート

無料SFAサービスの比較資料

↑
気になる語句で検索してみましょう!