仕事のパフォーマンス向上!集中力を高めるといわれる食べ物5選 - SFA Hacks - SFA徹底攻略!SFAの今を伝える

SFA徹底攻略!SFAの「今」を伝える

仕事のパフォーマンス向上!集中力を高めるといわれる食べ物5選

投稿日:2018年07月25日

集中力がビジネスで重要な理由

仕事において重要とされるスキルには、交渉力やコミュニケーション力などさまざまなものがあります。そして、集中力もビジネスにおいて重要とされるスキルです。では、なぜ仕事をする上で集中力が重要視されているのでしょうか。その理由を大きく分けてふたつご紹介します。

効率よく進めるため

集中力が必要な理由のひとつとして、「仕事を効率よく進められること」が挙げられます。集中力が散漫していたら、「週末の予定はどうしよう」「現在進行しているあの案件、どう提案しよう」など、いろいろなことが気になって仕事が思うように進みません。

しかし、高い集中力を持って仕事に取り組むことで、効率よく業務を進行できるのです。効率よく仕事を進められることによって、仕事が早く終わったり取り組める仕事量が増えたりするというメリットも。効率よく仕事をこなすためにも、集中力は高めておきたいものです。

ミスを防ぐため

「ミスを防げる」というのも、仕事において集中力が重要な理由です。仕事に集中できていないと、自分の意識がさまざまなところに向くため、注意力が低下します。そのため、うっかりしたミスから大きなミスまで、失敗を引き起こしてしまいます。仕事におけるミスは「集中力が低下していた」では許されないことも多いですよね。ミスを引き起こしてしまってからでは遅いのです。

しかし、集中力が高いとミスを発見しやすくなったり、ミスを未然に防ぐことができるようになったりします。取り組んでいる仕事だけに注意が向いているため、仕事のクオリティも高くなるでしょう。

集中力が切れやすい場面

あなたは仕事をするにあたって、何時頃がいちばん集中できますか?「午前中が集中しやすい」という方も多いでしょう。午前中は、脳が目覚めて活発に働き出すことと、「脳の疲れが睡眠によって解消されている」ので、集中しやすいといわれています。では、一方で集中力が切れやすい時間帯はいつなのでしょうか。

お昼休み前

基本的に午前中は集中力が高まりますが、空腹になりすぎると集中力が切れやすくなります。仕事中に「おなかが空きすぎて集中できない」「お昼は何を食べよう」と考えてしまう経験はありませんか?空腹は集中力を切る原因となるため、朝食をしっかりと食べることをオススメします。

お昼休み後

最も集中力が切れやすい時間帯が、お昼休みが終わったあとの14時〜15時くらいです。昼食を満腹に食べておなかが膨れると、急に眠気が襲ってきます。そのため、集中力が切れてしまいます。昼食後に昼寝をすることで、午後も集中力が続きやすくなるので、可能であれば10分ほど時間を取って昼寝をしてみてはいかがでしょうか。

定時前

約8時間仕事をして定時前になると、持続してきた集中力が切れやすくなります。もし仕事後に予定が入っていれば、予定について考えてしまうこともあるでしょう。眠気が襲ってきて集中できない場合も。ストレッチでリフレッシュをすると、もう一度集中力が高められるでしょう。

集中力を高めるといわれる食べ物

集中力が切れやすいタイミングは人それぞれですが、できれば持続させて仕事に取り組みたいですよね。そこでオススメしたいのが、「集中力を高める」といわれる食べ物を口にするること。おやつとしてつまめるモノや昼食で食べたいモノなどをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

チョコレート

集中力を高められる食べ物として人気があるのが、チョコレートです。受験勉強や仕事をするときに、チョコレートを食べたことがある方も多いでしょう。チョコレートには、糖分の一種「ブドウ糖」や苦味成分である「テオブロミン」、苦みや渋みの成分である「ポリフェノール」など、集中力を高めるといわれる成分が豊富です。

また、チョコレートの原料であるカカオの香りは、自律神経のバランスを整えてくれます。自律神経の調整は、肩こりや首こりなどを解消しやすくなるのもメリットです。

そして、チョコレートには思考力や記憶力を高める効果も。そのため、チョコレートは仕事中のおやつとしてぴったりな食べ物だといえるでしょう。

ペパーミントティー

スーッとした爽やかさが口の中に広がり、眠気から目覚めさせてくれるペパーミントティー。独特の香りと味によって頭がすっきりとします。

温かい飲み物は、体を温めて血液の流れを良くしてくれるので、集中力を高める効果も期待できます。集中力が切れたら、温かいペパーミントティーを淹れてみてはいかがでしょうか。

玄米やそば

集中力と血糖値には大きな関係があります。それは、「血糖値が上がっているときは集中しやすく、血糖値が下がっているときは集中力が切れやすい」という関係です。血糖値が一気に上がると、下がるときも急速になるので、昼食時には血糖値を緩やかに変化させる「低GI食品」をなるべく摂取するようにしましょう。

代表的な低GI食品は、玄米やそばなどが挙げられます。昼食後の集中力低下に悩んでいる方は、低GI食品を食べてくださいね。

ドライフルーツ

ほんのりとした甘味が体に染み渡るドライフルーツも、集中力を高める効果が期待できます。体の中の糖分が不足すると、エネルギー不足となり脳が十分に働いてくれなくなることも。そこで、ドライフルーツを食べることによって糖分が補給でき、もう一度集中力を持続させてくれます。

ドライフルーツは、フルーツを乾燥させているため、長持ちしやすいのが特徴です。デスクの引き出しに忍ばせておくことをオススメします。

ピーナッツや卵

「レシチン」という脂肪成分には、集中力や記憶力を向上させる効果があります。レシチンが含まれている食べ物は脳の働きを高めるので、ブレイン・フードと呼ばれるほど。そのため、集中力が切れてしまうときには、レシチンを豊富に含んだ食べ物を食べるといいでしょう。

レシチンが多く含まれている代表的な食べ物は、ピーナッツです。ピーナッツはほかにも、血糖値を緩やかに変化させる効果があるので、集中力を長く持続させやすくしてくれます。

また、卵にもレシチンが豊富に含まれています。特に注目したいのが、卵黄に含まれている「卵黄レシチン」という成分。集中したいここ一番というときに、卵やピーナッツを食べてみてはいかがでしょうか。

コーヒー

コーヒーを飲むと、眠れなくなることはありませんか?コーヒーを飲んで目が覚めるのは、コーヒーに含まれている「カフェイン」という成分が原因です。カフェインは、中核神経や脳を刺激するため、興奮して眠気を覚まします。そのため、眠気のせいで集中力が切れてしまうときには、コーヒーを飲むといいでしょう。

コーヒーは、体に入れてから30分ほどで眠気覚まし効果が現れるといわれています。そのため、お昼休みが終わる前など、集中力が切れやすい時間帯に合わせて飲むのがオススメです。ただ、コーヒーは飲み過ぎてしまうと、体がカフェインに慣れていくので、効果が薄まってしまいます。飲み過ぎには注意してくださいね。

まとめ

「集中したい」と思っていても、集中力はなかなか長いこと続きません。そんなときは、集中力を高める効果が期待できる食べ物を口にしてみてはいかがでしょうか。

昼食で食べてもよし、おやつとして忍ばせておいてもよし。食べ物で集中力を高めて、仕事で良いパフォーマンスを発揮しましょう。

ダウンロード資料

SFAを通して働き方を変えるための資料をご用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

3分で分かるSansan

事例集

営業日報テンプレート

↑
気になる語句で検索してみましょう!