育児中のパパママ営業担当者必見!ちょっと変わったベビーシッター制度を提供するスリール株式会社とは? - SFA Hacks - SFA徹底攻略!SFAの今を伝える

SFA徹底攻略!SFAの「今」を伝える

育児中のパパママ営業担当者必見!ちょっと変わったベビーシッター制度を提供するスリール株式会社とは?

投稿日:2014年03月20日  最終更新日: 2014年03月24日

はじめに

スリール株式会社
春闘の賃上げ回答において、増額回答が相次いだ2014年。アベノミクスの勢いに、嬉しい声を挙げている経営者や営業担当も多いのでは?

そんなアベノミクスを象徴する言葉の一つに「3本の矢」が挙げられます。これは御存知の通り、2013年4月19日に首相官邸から発表された、成長戦略の柱とされる経済政策のこと。
その「3本の矢」の一つに、女性の社会進出が挙げられています。2017年までに待機児童解消を目指すことや、男性の育児休暇取得率を13%にするなど、これまでになかった具体的な目標値が明示されていることでも話題となりました。

今や夫婦共働きは当たり前とも言える時代。女性だけが育児を行うのではなく、男性も積極的に育児に参加していかねばならない時代が到来しています。

とはいえ、なかなかうまく行かないのが育児の大変さでもあります。
仕事が終わったら家庭では育児が待っている…そんな生活に疲れきってしまった営業担当者もいらっしゃるのではないでしょうか?
また、企業として何かアクションを起こしたいけれど、何から始めていいのかわからないという経営者も多いはず。

そこで今回は、そんな夫婦共働きの営業担当者の手助けになるかもしれない制度を提供している会社をご紹介します。
社会貢献の一環としても注目されているサービスですので、経営者の方も必見です。

スリール株式会社が提供する、ちょっと変わったベビーシッターサービスとは?

スリール株式会社
今回ご紹介するのは、スリール株式会社という企業です。
スリール株式会社では、インターン制度の一環として、学生を各家庭に派遣するサービス(ワーク&ライフ・インターン)を行っています。

ベビーシッターのサービスは古くからありましたが、そのサービスのほとんどは、プロのベビーシッターが自宅に訪問し、保育のお手伝いをしてくれるというものでした。
しかし、スリールから派遣されるベビーシッターは、何と現役の学生ばかり。
そのほとんどが、プロと呼ばれる人たちではなく、一般的な大学生たちです。

実はこのサービス、代表取締役社長の堀江敦子氏が提供する、新しいベビーシッターの形。
インターン先の家庭では、働くことや家庭を築くことを学びながら、プロのベビーシッターと同様の仕事を行います。

基本的な契約期間は4ヶ月から。その間、同じ大学生が2人1組で家庭に入ります。
大学生のため、ベビーシッターとして利用できるのは基本18時以降22時まで。
仕事が終わった後の育児の負担を少しでも減らす手助けが欲しい…そんな方にオススメのサービスと言えます。

学生だと不安…という方もいらっしゃるかもしれませんが、学生は1ヶ月半の研修と、先輩からの引き継ぎを受け、晴れて「インターンデビュー」を果たします。
基本的な子育てスキルを学んでから派遣されるので、安心して子どもを任せることができます。

また代表取締役社長の堀江敦子氏は、なんと100件以上のベビーシッター経験を持っています。
育児の大変さはもちろん、育児から学べることの重要性をその身で体験している張本人です。
代表の思いが詰まったサービスは、育児と仕事の両立に悩む多くの家庭の手助けになるにではないでしょうか?

また、このサービスは学生の社会進出の一環としても注目されています。
社会貢献しながら、育児のお手伝いまでしてくれるというサービスというのは、他の福利厚生ではなかなか見られないのではないでしょうか。

終わりに

スリール株式会社
アベノミクスの進捗にかかわらず、今後ますます女性の社会進出が進んでいきます。
同時に、夫婦で育児に取り組まなければ育児が成立しないという時代が、すぐそこまで来ています。
育児が原因で御社の営業力が落ちる…なんてことのないよう、この機会に経営者は福利厚生に、営業担当はワークライフバランスについて、改めて考えてみても良いかもしれません。

※参考サイト
スリール株式会社

↑
気になる語句で検索してみましょう!