営業マンに特化した手帳!営業力が上がるTSUBASA手帳とは? - SFA Hacks - SFA徹底攻略!SFAの今を伝える

SFA徹底攻略!SFAの「今」を伝える

営業マンに特化した手帳!営業力が上がるTSUBASA手帳とは?

投稿日:2015年11月06日

はじめに

TSUBASA手帳

営業の仕事はスケジュール管理などが多く、手帳の使い方に仕事の質が左右されます。しかし、同じ手帳を使い続けている人は意外と少ないものです。手帳を変えることで気分転換になるという意図もあるかと思いますが、本当に望む手帳が見つかっていないという理由もあるのではないでしょうか。

そこで、失敗しない手帳選びと、営業マンに特化した売上を上げるための手帳についてご紹介したいと思います。

自分に合った手帳の選び方

手帳を選ぶ際に、おそらく皆さんが気にするポイントはこのようなところでしょう。

  • スケジュール表のレイアウト
  • 手帳のサイズ
  • 手帳のデザイン
  • 使い切り型かリフィル型か

営業マンは商談資料などで、どうしても荷物が重くなってしまいます。サイズはできるだけかさばらないものを選びたいところ。今はスマホで手軽にスケジュール管理をしている人も多くなりました。やはり時間に追われる仕事であれば、取り出しやすさというのは重要です。

そして、デザインはそれぞれの好みですが、手にする機会の多い手帳は気分の上がるデザインを選びたいですよね。新しい手帳はモチベーションUPにも繋がります。

ただ、使い始めて失敗だったと感じることもあるので、バインダー式で用紙を取り換えられるリフィル型を選ぶ人もいます。リフィル型は独自にカスタマイズができて、用紙を補充すれば情報量を気にすることなく使用できるのが特徴です。

手帳選びのポイントは大きく分けてこの4点。4つのポイントから自分の使い勝手に合わせて選択すると、手帳選びに失敗しないはずです。

中には、スケジュール管理だけでなく営業に関わる情報管理まで手帳一冊で完結できる手帳もあります。次は、営業マンに特化したTSUBASA手帳についてご紹介します。

営業マンのためのTSUBASA手帳とは

営業マンの手帳

TSUBASA手帳は、広告代理店が制作した営業マンのための手帳です。受注管理や見込みリストの書き込みまでできる、営業用の手帳。打ち合わせ用としても併用できるような構成になっていて、使いやすさにこだわっています。

手帳の構成は下記のような感じです。

  • 1P~6P     月間カレンダー
  • 7P~98P    一日見開き2P「デイリーページ」(46日分)
  • 99P~104P   受注管理ページ
  • 105P~110P  見込リスト
  • 111~126P   フリーページ

※2015年9月時点の情報です。仕様は変更になる場合があります。

特徴は見開きで使用するデイリーページです。手帳のデイリーページといえば、書きこむ量が増えすぎてグチャグチャになってしまうことがよくありますよね。TSUBASA手帳はB5版見開きで、かなりたっぷりと情報を書きこむスペースがあります。

スケジュール

タイムスケジュールやTo Do Listだけでなく、新規件数・電話件数などの数値を書きこむ欄があるのは営業用の手帳ならでは。もちろん日毎の売上、見込み増加件数、ノルマに対する残額といった日報で報告するような数字も管理できます。会社に戻ってきてからでは詳細な情報を忘れてしまっていたりするので、手帳へすぐに記入できるようになっているのはとても便利ですよね。

見込みリスト

ほかにも見込みリストや受注の管理ページもあるので、この一冊で自分の営業管理が事足りてしまいます。手帳が46日分なので、2ヶ月ごとに買い替えないといけないのはネックですが、一度使い始めるとハマってしまうかも。

おわりに

手帳の選び方と営業マンのためのTSUBASA手帳をご紹介しました。営業に特化した手帳は、ありそうで意外とないですよね。実際に営業経験のある人がつくった手帳だけあって、管理に必要な情報はしっかり設けられています。まずは、46日間試しに使ってみてはいかがでしょうか。広告代理店の制作だけあってデザインもしっかりしていますよ。

↑
気になる語句で検索してみましょう!