企業の悩みを解決する新たな働き方「テレワーク」について学ぼう - SFA Hacks - SFA徹底攻略!SFAの今を伝える

SFA徹底攻略!SFAの「今」を伝える

企業の悩みを解決する新たな働き方「テレワーク」について学ぼう

投稿日:2014年10月27日  最終更新日: 2014年11月13日

はじめに

「女性が輝く日本」を目指し、女性雇用の活用を成長戦略に掲げるアベノミクス。女性の働き方を変えるため、2015年以降には扶養控除の見直しなども検討されており、企業全体として女性の働き方を見直す時期に差し掛かっています。また、今後高齢化が急速に進む日本において、介護をしながら仕事を続けるための新しい働き方を見つける必要があると言われています。そんななか、注目を集めているのがテレワークという働き方です。「名前は聞くけどよくわからない」「うちにはテレワークでお願いするような仕事はない」という企業もあるかもしれませんが、テレワークは意外とさまざまな企業で導入ができる働き方でもあります。今回は、そんなテレワークについてご紹介します。

「テレワーク」とは

企業の悩みを解決する新たな働き方「テレワーク」について学ぼう
テレワークとは、在宅勤務やサテライトオフィスのように、会社から離れた場所で時間や場所にとらわれない働き方のこと。アベノミクスでもICT政策の一つとしてテレワークを推進しており、今後ますます導入に関する交通整理が進んでいくものと見られています。テレワークには雇用形と自営型という働き方があります。雇用形とはその名の通り、企業に雇用してもらい働き続けるもので、前述した在宅勤務やサテライトオフィス、そして施設に依存しないモバイルワークなどが該当します。一方自営型は、SOHOや個人事業主、小規模事業者などがこれに該当します。今後はどちらの需要も高まっていくことが予想されており、クラウドワークスやランサーズといった、テレワークを簡単に利用できる仕組みを提供する企業も増えています。

働く側としては、勤務地を気にせずに働けることが大きなメリットとなっており、出産・育児中の女性や親の介護で実家に戻らざるを得ない方など、従来の働き方ではなかなか力を発揮できなかった人たちが活躍するための場として注目されています。一方企業としては、優秀な人材の流出を防ぐことができるということ、そして、オフィススペースを広げずに自宅で勤務してもらえることなどのメリットを享受することができます。

「テレワーク」で任せられる仕事は意外と多い

企業の悩みを解決する新たな働き方「テレワーク」について学ぼう
ここまでお話して「いや、うちはお任せできる仕事が無いから」と首を横に振る人事担当者もいらっしゃることでしょう。しかし、テレワークでお任せできる仕事は、探してみると意外と多いものです。例えば、営業所ごとに経理担当者や営業事務をパートで雇っていらっしゃる場合、在宅勤務にすれば、数カ所の営業事務作業を一人の方に任せることもできます。実際は仕事量との兼ね合いもあるため、単純に全ての仕事を集約できるわけではないところもあります。ただ、これまで事務担当者を雇いたいけれど、1営業所だけでは赤字になってしまうという営業所や、ある作業だけを切り離して一人の方に依頼したいという場合、在宅勤務やサテライトオフィスがとても役に立ちます。パートを1営業所ずつで雇うなら、一人の在宅勤務担当を雇用するだけで、費用を按分できるというのは、営業所にとっても大きなメリットとなるのでは。

マネジメントが大きなカギに

企業の悩みを解決する新たな働き方「テレワーク」について学ぼう
テレワーク導入を企業が渋る点として、情報漏洩や勤務時間の長時間化、本当にその時間に仕事をしているのか管理できないなどが挙げられます。しかし、それは外出の多いセールスでも同じことです。この問題を解決するカギは、しっかりとしたマネジメントにあります。例えば情報漏洩に関しては、業務は企業のクラウドシステムにアクセスしないと更新できないようにしたり、個人のパソコンにはコピペ出来ないようにしたりするサービスがありますので、こちらを利用するのがオススメです。勤務の長期化防止や、その時間に仕事をしているのかわからないという点では、タイムカード制を導入したり、勤務時間中はWEBカメラを導入する、企業のクラウドシステムには19時以降アクセス出来ないようにするなどの方法をとっても良いでしょう。こうしたマネジメントを行うことで、懸念される不安を取り除くことができる社会になっていますので、こうした点も踏まえて、テレワークを考えることが大切です。

まだまだ日本では馴染みのないテレワークという働き方。しかし、今後企業が優秀な人材を確保しながら成長を続けるためには、こうした働き方の見直しが必要不可欠だと言えます。今後業務改善を行うなら、テレワークを視野に入れた上で改善を行ってみるのもひとつの方法です。

↑
気になる語句で検索してみましょう!