従業員の負担を減らして、コアな営業部を作る! - SFA Hacks - SFA徹底攻略!SFAの今を伝える

SFA徹底攻略!SFAの「今」を伝える

従業員の負担を減らして、コアな営業部を作る!

投稿日:2013年12月10日  最終更新日: 2016年09月30日

Oh no!

【働いた分だけ成果が出る時代は終わった?】

日本の社会におけるビジネスは現在、「成熟期」を迎えました。

これによって、今まで商品を作れば売れるといった時代は終わってしまい、技術革新による商品も思うように売れないという時代になってしまいました。

こうした現状を目の前にして、経営に行き詰る企業の方も実際に多くいると考えられます。
今回は「営業の働き方を変える」スタイルについてご提案をしていきます。

【営業に専念させるコアスタイル】

営業の働き方は企業によって様々であると考えられますが、営業が顧客との時間や営業戦略以外の事をしている時間は案外多い。

営業の負担を減らして少数精鋭のチームを形成するには、本業に集中できる環境が必要だと考えられます。

この上で、まずは営業マンにかける負担を減らしましょう。
名刺入力や営業日報、新規顧客の開拓・・・こうした作業は本来の営業活動において、かなりの時間を割
いてしまっています。

カンタンに作業を行える仕組化。
あるいは分業する事が必要であると考えられるでしょう。

【SFAが便利】Image of female hand touching computer mouse

ここで大きな役割を担うのがSFAです。
効率的なデータ入力に加え、営業プロセスの見える化が可能。
一人ではなく、組織全体となって営業に力を入れることができます。

【プロセスをマネジメントする】

例えば、「商談に挑んだが失注してしまった・・・・。」
ここで営業日報をSFAを使って入力。
商談内容を社内で共有し、いつでも確認することが可能。正確に現状を把握できるため、上司から部下に対して適切な指示を出すことができます。

【作業の効率化】

商談状況や案件をExcelなどの表計算ソフトで管理しているケースも多いと思いますが、共有できなかったり、データ量が増えてくると使いづらくなったり、メンテナンスに工数がかかったりといった悩みが生じてきます。

クラウド型SFAならば、いつでもどこでもアクセス可能。データ量が増えても使い勝手は変わらず、快適に活用することができ、作業効率がグっと上がります。

【組織育成】

営業日報は、営業にとっての宝。単なる報告書ではなく、経験の蓄積をまとめたものです。共有することで、優秀なメンバーの商談内容から学んだり、組織の営業力向上に役立つ情報として活用することができます。

【まとめ】

SFAを軸に働くことによって、営業の強化と効率化が実現する。
多様な商品と多様なニーズによって、競争が激しい現代だからこそ、働き方を変えていく必要があるのではないでしょうか?

↑
気になる語句で検索してみましょう!