新規プロジュエクトに困ったらこれ!働き方を革新するPDCAとは? - SFA Hacks - SFA徹底攻略!SFAの今を伝える

SFA徹底攻略!SFAの「今」を伝える

新規プロジュエクトに困ったらこれ!働き方を革新するPDCAとは?

投稿日:2014年10月13日  最終更新日: 2014年11月13日

仕事は何でもシンプルである。
本日はこの議題についてお話しをしていきます。

1,目的を理解する

AL203elvdoki220140830110227500

自分が何をするためにそのプロジェクトに参加するのか?
組織はそのプロジェクトを実行するとどうなれるのか?
まずはこの目的について明確にすることがあなたのプロジェクトをうまくいかせるために絶対的に不可欠な方法です。
この点については上司が明確にしてくれない場合も多くあります。
しかし、めげずに聞いてみてください。
上司にこの点について質問できる時間がない場合は、工夫してみてください。
ご飯の時間、帰り道の時間、タバコを吸う時間、あるいは上司のタスクを自分がこなして、上司の時間をつくることもできるでしょう。

まずはどんなプロジェクトをするにせよ、目的を明確にするため不明点をなくしましょう。

 

2,どの数字を上げればいいのか知る

場所を選ばずビジネスができる環境づくりを支援するタブレットサービス「moreNOTE」

定量とという言葉はご存知でしょうか?
定量とは、行動やアウトプットの数を数値化したものです。
目的を達成するために何をどれだけずればいいか。
どの方法ですればいいか。
この作業をするためにどの数字がポイントになるのか情報収集をしましょう。
例えばメールマーケティングを組織として始める場合、意識すべきポイントは下記の通りです。

配信数
開封率
クリック数
問い合わせ数

この数字を見つけるために、ネットや本での情報収集、あるいは物事を整理し、ゼロベースで考える力も必要となるでしょう。
目的を明確にできた際は、何が重要なポイントなのか明確にとらえられるように情報収集をしましょう。

3,方法を選ぶ

OOKAWA6_ana20140726104327500

定量的な目標を掲げたあなたは次にその定量目標をあげるために、手段や行動量を定めます。
方法は様々です。
山の山頂に上るためにヘリコプターを使う。
ロープウェイを使う。
歩く。
方法はいくらでもあります。
その際に一番費用対効果が高いものを選定しましょう。

4,スケジュールを決める

方法や手段が決まれば、あとは実行するのみです。
一番早く結果が出せる手段を見つけるため、早くPDCAをまわしていきます。
そして、この日には何をするのか、この日には定期的にこれをしよう。と、計画的に実行がぶれないようにスケジューリングします。

はじめに考えたプランはおそらくどこかで壁にぶつかります。
その都度、考えるのです。

今、うまくいかない原因は何か?
今、立ち止まっている原因は何か?

これらを明確にするため、PDCAをまわしていくことに慣れる必要があるでしょう。
ぜひともこの方法を実践して、あなたの働き方を革新してみてください。

↑
気になる語句で検索してみましょう!