デジタルトランスフォーメーションが建設業界の働き方を革新する - SFA Hacks - SFA徹底攻略!SFAの今を伝える

SFA徹底攻略!SFAの「今」を伝える

デジタルトランスフォーメーションが建設業界の働き方を革新する

投稿日:2017年08月30日

建設業界とテクノロジーの関係は密接で、これまでもさまざまな技術が採用されてきました。しかし、その技術の活用方法が変わってきたことで、テクノロジーを使った新たな変革に注目が集まっています。

建設業界における、デジタルトランスフォーメーションの重要性とメリットについて紹介します。

デジタルトランスフォーメーションとは?

デジタルトランスフォーメーションとは、名前の通り、デジタルを用いて変革を起こしていくことです。しかし、その定義は広く難しいと感じる人も多いでしょう。

この章では、デジタルトランスフォーメーションの概要と、建設業におけるデジタルトランスフォーメーションの重要性を紹介します。

デジタルトランスフォーメーションの概要

デジタルトランスフォーメーションとは、IT技術の浸透で、従来の人同士のつながりや、働き方、仕事のやり方などが大きく変わることで、人々の生活が便利で豊かになることです。

例えば、デジタルテクノロジーを導入することで、作業効率をあげることや、データを蓄積することなどが挙げられます。

なぜデジタルトランスフォーメーションが求められるのか

企業に「デジタルトランスフォーメーション」の対応が求められている理由は、パソコンやスマートフォンの普及により、ユーザー自ら情報を探しに行くようになり、インターネット上で購買プロセスが完結するようになったからです。

従来のように企業が広告やCMを打ち出さなくても、必要な情報はユーザーが自ら探しにいきます。そのため、ユーザーと企業間のコミュニケーションが密になり、関係性やコミュニケーションの取り方も変わりつつあります。

なぜ建設業で注目されているのか

建設業におけるデジタルトランスフォーメーションはメリットが多く、さまざまな企業が取り組みをはじめています。その代表的なメリットは「人の手がかかる部分を大幅に省力できる」点です。

建設業は多くの人が参加し、営業から建造物の完成までを請け負います。そのため、ひとつのプロジェクトに携わる人数や工程が多いのが特徴です。進捗状況やスケジュール調整、マネジメントなどをクライアントに一手に任されるので、どうしても手がかかります。

そこで注目されているのが、ICTやAI、IoTといったデジタルトランスフォーメーションに関連したツールの数々です。これらを起用することで、情報の可視化、作業の効率化、作業員の負担の軽減などが実現できるといったメリットが挙げられます。

多くのツールがありますが、なかでも建設業との関係が密なIoTやAI、ICTの重要性や概要を次の章で説明します。

IoTやAIで新しいビジネスモデルを

IoTやAI、ICTといったテクノロジーは、デジタルトランスフォーメーションには欠かせません。

IoTとは

Internet of Thingsの略称である「IoT」は、「モノのインターネット」といわれています。これまでインターネットとは無縁だった、テレビや冷蔵庫、エアコンといった「モノ」が「インターネット」とつながることが「IoT」です。

例えば、自発的にインターネットに繋いでデータを元に最適化を行ったり、手動で調べようとしたら膨大な時間と労力が必要になるような情報を自動で収集したりと、その使い方は多種多様です。建設業で活用されるIoTのメリットとして、「図面や写真データのアップロードを迅速に行える」などが挙げられます。

また、IoTで得られるデータの価値は高く、プロセスの中で見えていなかったデータを可視化し、課題を明確にしたり効率化をスムーズに行えたりします。

AIとは

人工的にコンピューター上やクラウド空間で、人間と同様の知能を搭載しているシステムです。人間の手では収集しきれないデータの採取や、それに基づいたデータの活用を発見し情報の価値を最大限に広げます。

デジタルトランスフォーメーションでは、AIを活用して効率的に情報を収集し、業務の効率化や製品の改善・最適化が期待できます。

ICTとは

「情報通信技術」と訳されており、「Information and Communication Technology」の略称です。ITの代わりに浸透してきた言葉で、ITとほぼ同じ意味を持ちますが、大きな違いは、テクノロジーを「どのように活用するか」といった点に注目している点です。IT技術を使ったコミュニケーションツールとして、人やモノをインターネットでつなぎ、サービスの提供を行います。

建設業でどう活かせばいいのか

建設業は他の業界に比べ、比較的早い段階で機械化を行い作業の効率化を行ってきました。そのためICTやAI、IoTを活用できる環境が整っている場合が多く、さらなる躍進が期待されています。

例えば、調節や設計、施工などを一連のシステムで管理することで、効率化し、生産性アップを目指して、より合理的なシステムへと昇華していくことなどが挙げられます。

建設業におけるデジタルトランスフォーメーションの重要性とは

さまざまなテクノロジーが導入されるなかで、なぜ建設業におけるデジタルトランスフォーメーションに注目が集まっているのでしょうか。デジタルトランスフォーメーションを実どのように活かしていくべきか、どのような変革が求められているかをみていきましょう。

製造や提案工程の短縮が実現した建設業

デジタルトランスフォーメーションによって、建設業界はさまざまな短縮化・効率化に成功しています。特に注目したいのが、3Dプリンタによる変革です。建設費用の削減や、短期間で工事が完了することなど、多くのメリットが挙げられます。

この他にも、建設業は大きな図面や資料の取り扱いが多く、情報をまとめるために都度パソコンを使っていましたが、ICTツールを活用することで工数を減らすことができます。

たとえばタブレットを使い、施工の際に重要になる写真や資料を簡単にアップでき、迅速な作業指示も可能になりました。建設業におけるデジタルトランスフォーメーションの可能性は、まだ広がり続けています。

手作業が多く労働時間が多い傾向を改善

作業工程の多さや移動時間から、労働時間が長い傾向にあるのが建設業の特徴のひとつですが、デジタル化に伴い、業務効率のアップや、時間の有効活用をすることができるようになりました。

さらに、関係者が現場を確認する場合や、検査時など、コミュニケーションを取るために時間を割いてきましたが、デジタルトランスフォーメーションにより、密な情報共有が可能になりったのです。
こういった機能が定着したことで、効率的になっただけではなく時間の短縮・創出が可能になり、業務改善にもつながっています。

品質と安全の確保

テクノロジーを導入するメリットは、業務の効率化だけではありません。高い品質や安全性の確保にも一役買っており、これまで人が行っていた業務をデジタル化することで、

安全性を確保しながら作業効率を上げられるようになりました。

まだ人の手が必要な部分は多いですが、少ない労力で品質と安全性を手に入れるようになったのは大きなメリットのひとつといえるでしょう。

会社を一新するデジタルトランスフォーメーションの取り組み

では実際に、どのような企業がデジタルトランスフォーメーションに取り組んでいるのでしょうか。

どんな企業がデジタルトランスフォーメーションに取り組んでいるのか

建設業界におけるデジタルトランスフォーメーションの取り組みで、まず名前が挙がるのが、日本を代表するスーパーゼネコンである「大成建設」です。

いつでもどこでも作業ができる環境を整え、ICTを活用した働き方の改革を行い、成功させています。その秘訣は、施策そのものというよりも、社員が一丸となり積極的にデジタル化に取り組み、活用している点です。

そんなに素晴らしいテクノロジーでも、実用し定着させることができなければ意味がありません。これからデジタルトランスフォーメーションの施策を取り組む企業は、大成建設のプロセスを参考に独自の手法を見出してみてくださいね。

参考:日経ビジネスオンライン「大成建設が働き方改革に注力」

最後に

さまざまな分野で注目されている「デジタルトランスフォーメーション」は、建設業にも大きな影響を与えています。

ICTやIoTといったデジタル技術を活用し、より高い生産性、効率化を図り、競合との差別化を図りましょう。

↑
気になる語句で検索してみましょう!