今さら聞けない!知っておきたいSFA用語 - SFA Hacks - SFA徹底攻略!SFAの今を伝える

SFA徹底攻略!SFAの「今」を伝える

今さら聞けない!知っておきたいSFA用語

投稿日:2015年07月10日  最終更新日: 2015年09月01日

SFA用語を分かりやすくご紹介しています。

はじめに

acf5ca2a8e04f6f2292beb8fcdfb6637_s
SFAを検討しようと調べていると、色々な専門用語が現れます。ここでは、SFA導入にあたって知っておきたい基本的な専門用語について説明します。
サービスの提供形態により、SFAの使い勝手や、業務とのマッチング、維持管理費などの経費が変わってきます。SFAを稼働させているコンピューティング技術についての基本的な事柄について押さえておくことは、決して無駄にはなりませんので、この機会にぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

オンプレミス

オンプレミスとは、情報システムを使用者(企業)が管理する設備内に導入、設置し運用することを言います。
SFA導入には大別すると、クラウド型とオンプレミス型の二つに分けられます。現在は次に述べるクラウド型の方が、初期投資が少ないため成長著しいのですが、オンプレミスも十分なニーズがあります。企業の事業の性質や規模などにより使い分けされます。

オンプレミスは、極めて気密性の高い情報を扱うため、高いセキュリティを求められる企業、金融業や防衛産業などで好まれます。また大容量、高速性、多様性という点でオンプレミスは優れているのが現状です(クラウド型も凄まじいスピードでオンプレミスの品質に近づいています)。
オンプレミスはライセンス契約をベンダーと締結します。ライセンスとはベンダーから許諾を得てソフトウエアを使用する権利を指します。

クラウドコンピューティング

26fde19616bb4dcf6b2a523162f7428c_s
クラウドコンピューティングとは、インターネット経由によりソフトウエア及びソフトウエア稼働環境を、オンデマンドで利用するコンピューティング形態を指します。ASPやSaaSとも言い換えられますが、同義語です。
ASPは(Application Service Provider)の略で、ネットワーク経由によりソフトウエア及びソフトウエア稼働環境を提供する事業者を指します。SaaS(Software as a Service)も同じ意味です。
SFAを利用する方法のもう一つが、このクラウド型です。
オンプレミス型は業務に合ったシステムをオーダーメイドで構築できるので、企業の業務フローに合った使いやすいシステムを作ることができますが、構築に費用と期間がかかるので、中小や個人事業主には負担が大きくなりがちです。また、保守・バージョンアップ、システム改修にも維持費と人件費がかかります。
クラウド型の場合、複数の企業がインターネットを通じて、同じシステムを利用するので、システムの構築費用や開発費を抑えることができます。また、サーバやソフトウエアのバージョンアップなどは、APS・SaaSを提供する企業が維持管理をするので、保守に関してもコストがかかりません。初期投資にかかるコストを抑え、システム運用にかかる経費を節減できることがクラウド型の大きなメリットです。

PaaSとIaaS

SaaSと並んでよく使われる用語としてPaaSとIaaSがあります。
PaaS(Platform as a Service)は、アプリケーションソフトが稼動するためのハードウェアやOSなどのプラットフォーム自体を、インターネット上で提供する形態を指します。
従来はSaaSからユーザーのニーズに近いアプリケーションを見つけて、場合によってはカスタマイズして利用していました。PaaSを用いるとニーズに合わせてアプリケーションを開発したり、独自のシステムを構築したりすることができるので、コストを抑えてかつ早くシステム開発をおこなうことができます。 Google App Engine やWindows Azureなどが代表的なサービスです。
IaaS(Infrastructure as a Service)とは、仮想サーバやネットワークのインフラを含むコンピューターシステムの基板そのものを、インターネット上のサービスとして提供する形態のことを指します。ハードウェアのスペックやOSを、ユーザーが自由に選定して、ネットワーク経由で利用することができます。Google Compute Engine や Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) が代表的なサービスとして挙げられます。
IaaS、PaaS、SaaSはソフトウエアサービスの提供に必要な構成要素の提供段階によって区分できます。構成要素とは、ネットワーク、ハードウェア、オペレーティングシステム、ミドルウェア、アプリケーション、の5つです。これら5つは依存関係があり、例えばアプリケーションはミドルウエアがないと動作しません。ミドルウエアはOSがないと動きません。

951d4c837c2ccf59e39d9391fe5346ff_s

SaaS、PaaS、IaaSの区分

IaaSはネットワークからOSまでのサービスを提供し、PaaSはミドルウエアまで、SaaSはアプリケーションまで完全にサービス化して提供するクラウドサービスであると区分できます。
洋服に例えると、真っ白なシャツを売っているのがSaaSで、購入者はそのまま着ても良いし、自分の好きな色や柄を付けることもできます。PaaSは、生地とミシンまでを提供してくれるので、ユーザーは自分の好きなデザインのシャツを作ることができます。IaaSはミシンを使ったり生地を裁断するなどの作業ができる、電気や水道などの設備の整った場所を提供するサービスと、イメージするとわかりやすいかもしれません。

上記の言葉を知っているかいないかで、SFA検討の際の理解度は大きく変わります。検討の際に、本サイトが参考になれば幸いです。

↑
気になる語句で検索してみましょう!