SFAシステムは人間のミスを救う - SFA Hacks - SFA徹底攻略!SFAの今を伝える

SFA徹底攻略!SFAの「今」を伝える

SFAシステムは人間のミスを救う

投稿日:2016年05月24日  最終更新日: 2016年06月07日

データ集計を自動化

large-895567_640
SFAシステムを利用すれば、データの集計を自動化することができます。さすがに紙媒体でデータを集計している会社は少なくなっています。それでも、依然としてエクセルシートを使っている会社は少なくありません。
エクセルシートは、関数を挿入することで集計の自動化が可能です。しかし、途中で新たなデータを追加したい場合などに、関数の知識がある担当者がシート全体を操作しないと、集計が正しく行えなくなるリスクがあります。いっぽう、SFAシステムを利用していれば、入力フォーマットの変更などで集計エラーが起こりにくくなります。
また、データを自動で集計できるため、エクセルシートを操作する時間を短縮できます。これまで資料の作成に時間がかかっていたなら、データ集計の時間を短縮し、会議向けの資料を素早く、かつ正確に作成できるようになります。スピーディーにデータ集計ができれば、急に営業面談が入った場合でも、相手にわかりやすい数値データを提供できます。こうなると、営業が成功する確率が高まります。SFAシステムを使って、よりよい営業を実現させましょう。

営業訪問を欠かさずに実現できる

personal-1264696_640
SFAシステムでは、営業訪問を定期的に行えているかどうかをチェックできます。多数の取引先を訪問している営業マンだと、どうしても一部の顧客を訪問するのを忘れてしまうことがあります。毎月定期的に訪問していたつもりが、長年訪問を続けるうちに、1か月だけすでに訪問したと勘違いしてしまうこともありえます。
こうした人間のミスによって、長期にわたって取引をしてくれている顧客を失うことが考えられます。また、個人レベルであれば日程をしっかり管理し、訪問を欠かさずに行いやすいですが、担当者はいずれ変わります。年度替わりで何かと忙しいタイミングなどに、担当者の交代によって営業訪問を欠かしてしまってはもったいないですよ。せっかく長期の顧客になっている相手をとりこぼさないためにも、SFAシステムを有効活用しましょう。
また、忙しいタイミングでは逆に、営業訪問が過剰になっている相手を把握することもできます。営業マンの主観ではなく、客観的データをもとに、どの相手への訪問が多すぎるかを判断できるのです。

人為的ミスを警告してくれる

keyboard-648439_640
さらに、SFAシステムではデータ入力のミスなどを警告してくれます。他のデータと比較して想定できないような値を入力してしまった場合、自動的に警告が発せられます。この警告が出ることによって、データ全体にゆがみが生じるのを防ぐことができます。
もちろんエクセルシートへの入力でも、データに大きなゆがみが生じた場合は、集計を担当する人間が気付きます。しかし、データのゆがみに気付いたところで、どの部分のデータにエラーがあるのかを短時間で把握することは困難です。SFAシステムによる異常データへの警告があれば、ミスを探すのにかける時間を省くことができます。
さらに、取引先に提示するデータにミスがある場合でも、大事に至る前に発見できる可能性が高まります。例えば、自社から供給可能な商品点数や納期について、在庫データと矛盾した内容で見積書などを作成すれば、警告されるといったケースです。
自社としては1商品の納期遅れであっても、相手にとっては他の生産状況などにも影響する重要な商品である場合があります。こうしたケースでは、1つのケアレスミスが、取引の解消につながりかねません。どれほど正確を期していても人間はミスをします。

ミスを発見するのはシステムが得意とする分野です。SFAシステムの力を借りて人為的ミスを防ぎましょう。そうすれば、取引相手の信頼を失わずに済み、徐々に取引先を増やしていける可能性が高まります。

ダウンロード資料

SFAを通して働き方を変えるための資料をご用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

3分で分かるSansan

事例集

営業日報テンプレート

無料SFAサービスの比較資料

↑
気になる語句で検索してみましょう!