急成長を続けるセールスフォースドットコムに迫る - SFA Hacks - SFA徹底攻略!SFAの今を伝える

SFA徹底攻略!SFAの「今」を伝える

急成長を続けるセールスフォースドットコムに迫る

投稿日:2014年09月01日  最終更新日: 2016年06月14日

多くの導入実績を持つセールスフォースについて徹底解説してみました。

はじめに

タイトル

クラウド型のCRM/顧客管理を提供するセールスフォースですが、運営会社の正式名称はSalesforce.com(セールスフォースドットコム)と言います。日本にも東京本社、大阪、名古屋に拠点を構え、多くの導入実績を持っています。
日本ではトヨタとの業務提携が話題になりましたが、多くの大企業がセールスフォースに惹かれる理由はどこにあるのでしょうか。

セールスフォースドットコムとは

米IT調査会社ガートナーの調査によると、セールスフォースドットコムは世界のソフトウェア企業ランキングの10位にランクインしています。時はクラウドベンダーのランクインはセールスフォースドットコムが初めてだそうです。そして、ランキング内で成長率が最も高かったのは、セールスフォースドットコムの前年比33.3%増でした。

CRMの世界マーケットシェアは16.1%を占めて1位、日本国内でもSFAのマーケットではシェア60.4%と圧倒的な数字を残しています。米フォーブス誌も「世界で最も革新的な企業ランキング」でセールスフォースドットコムを4年続けて1位に選んでいます。SFA、CRMマーケットにおいて、世界で最も強い影響力を持つ企業であることは間違いありません。
ランキング

セールスフォースが発表した新たなコミュニティクラウド

2014年8月に「Salesforce1 Community Cloud」を発表し、エンゲージメント向上を実現する独自のコミュニティ構築ができるようになりました。

担当エグゼクティブ・バイスプレジデントによると

「当社が最初のコミュニティソリューションをリリースしたのはわずか1年前のことですが、それ以来これまでに2,000を超えるアクティブなコミュニティが誕生しています。このようなユーザの成功と非常に大きな市場機会、また幅広いエコシステムからのサポートを背景に、当社は新しいCommunity Cloudによってコミュニティ市場への大きな賭けに打って出ています」
セールスフォース・ドットコム、「Salesforce1 Community Cloud」を発表 より

先を読む力にも優れ、そのスピード感が脅威の成長率を生んでいると言っても過言ではありません。Salesforce1 Community Cloudは大きく3つに分けられます。

 

コミュニティ

 

パーソナライズ

ユーザーの趣向に合わせたコミュニティを構築することができます。各々の課題に沿った最新情報に触れ、共通の趣向を持つメンバーとは繋がりを持つことができます。つまり、顧客が新たなコミュニティーを作っていくことで、営業支援にも繋がっていくということです。コミュニティを作ることで顧客との距離を縮めていくことができます。

コネクテッド

サービスの発信からレビューなどの評価までをコミュニティ上で行うことができます。コミュニティクラウドによってビジネスプロセスへ繋がっていくと捉えています。

モバイル

すべてのメンバーがデバイスに関係なく利用することができます。コミュニティのマネージャ、更新などすべてMobile App上から実行可能です。これによって短時間でのコミュニティ構築ができるようになりました。

コミュニティ2

コミュニティクラウドによって自社、顧客、取引先を新たな環境で繋いでいきます。
社内SNSとしての活用だけでなく、商談管理までを統合した独自のビジネスコミュニティとして活用することができます。

Dreamforce2014では新製品を続々と発表

2014年10月、セールスフォースドットコムはサンフランシスコでDreamforce2014を開催しました。Analytics Cloud、Salesforce 1 Lightningなど新たな製品の発表が行われました。モバイルデバイスで注文した飲み物をドローンヘリコプターが運んでくるなど未来の姿を表現し、セールスフォースドットコムが最先端を走る象徴的な光景となりました。

まとめ

日本では、トヨタだけでなくKDDI、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJフィナンシャル・グループといった大企業だけでなく行政もセールスフォース導入を進めています。セールスフォースドットコムの快進撃はどこまで続くのでしょうか。

↑
気になる語句で検索してみましょう!