結局どこがいいの?2014年オススメSFA情報 - SFA Hacks - SFA徹底攻略!SFAの今を伝える

SFA徹底攻略!SFAの「今」を伝える

結局どこがいいの?2014年オススメSFA情報

投稿日:2014年11月06日  最終更新日: 2015年09月01日

はじめに

結局どこがいいの?2014年オススメSFA情報
2014年もいよいよ残すところ後わずか。消費税増税や、中小企業苦戦のニュースなど、暗いニュースもありましたが、大企業や中堅企業の景況は上昇傾向という側面もあり、まさに悲喜こもごもの一年だったのでは。
なかには、今年こそSFAで営業改革を!と思っていたのに、一旦保留になってしまった…なんて企業もあるかもしれません。今後ますます日本企業が切迫していく中で、営業改革を迫られる企業は増えていくことでしょう。しかし、SFAの情報が多すぎて、結局どのSFAが良いのか決めかねている、という状況は、スピードを求められる営業改革の妨げになってしまいますよね。
そこで今回は、2014年のSFAを振り返り、結局どんなサービスがオススメか検証します。

一度SFA導入に失敗しているなら

結局どこがいいの?2014年オススメSFA情報
SFAを既に導入している企業からよく来られるのが、「うちの状況とマッチしないんだよね…」という声。SFAはもともと米国で生まれたシステムなので、SFAが日本に上陸した当初から、日本の営業のしくみとはマッチしにくいという声が上がっていました。
しかし近年は、国内の営業の仕組みにあったSFAが多数提供されており、日本に上陸してから約20年ほど経っていることから、ある程度市場が洗練されてきた印象があります。
そうした意味では、数年前にSFAを導入してうまくいかなかったという企業は、改めてSFA導入を検討するいい時期かもしれません。

国内SFAをお探しなら、オススメなのがソフトブレーン株式会社が提供するSFA「eセールスマネージャーRemix Cloud」です。
ソフトブレーンは2014年度の業績が右肩上がりの企業。国内発のSFAサービス提供会社の中でも、注目を集めている企業の筆頭格と言えます。2014年は、「使い勝手No.1」を目指したさまざまな新機能の追加や、他業種との提携などを行い、同年12月期第3四半期の連結業績は、売上が前年比16.1%増の32億4千万円、営業利益および経常利益に至っては、前年比50%超えを達成しています。
すぐにレスポンスできるタイムライン機能や、社員のモチベーションを上げるインセンティブポイント機能など、他とは違ったさまざまな機能が利用できます。
一度SFA導入に失敗した苦い経験をお持ちならば、「eセールスマネージャーRemix Cloud」を検討してみてはいかがでしょうか。

業界に特化したSFAも

結局どこがいいの?2014年オススメSFA情報
SFAの中には、ある業界に特化して作られたものもあります。
例えば株式会社レックアイが提供する「ReSFA(レスファ)-ASP」は、不動産業界向けに作られたSFA。業界の仕組みにあった機能が多数搭載されています。他にも、金融業界に特化したSFA「CONTIMIXEクラウド」などもありますので、各業界にあったSFAを取り入れることも大切です。

忘れてはいけないクラウドSFA最大手

オススメという意味では、クラウドSFA最大手のセールスフォース・ドットコムも忘れてはなりません。
2014年はLINEとの連携やCRM機能の充実など、さまざまな新情報が盛りだくさんの年でした。来年以降もSFAの新サービスが提供されることが期待されています。SFAをチェックするなら、ぜひセールスフォース・ドットコムの動向も合わせてチェックしてみてください。

SFA導入は一筋縄ではいかないもの。しかし、できるだけスムーズに導入・定着させたいとお考えなら、一社で決めてしまわず、さまざまなSFAサービスをチェックしてみるのが一番です。
ただ、どうしても迷ってしまう場合は、今回ご紹介したSFAを検討してみてはいかがでしょうか。

↑
気になる語句で検索してみましょう!