セールスフォースの必須アイテムChatterのもたらす5つの効果とは - SFA Hacks - SFA徹底攻略!SFAの今を伝える

SFA徹底攻略!SFAの「今」を伝える

セールスフォースの必須アイテムChatterのもたらす5つの効果とは

投稿日:2016年08月09日

セールスフォースのChatter

セールフォース

Chatterはセールスフォースのシステムを利用するための重要なコミュニケーションツールです。社内版SNSとも言われます。

社内のコミュニケーションツールについては否定的な意見があるかもしれません。同じ会社なのだから直接会って話すべきとか、社内の人間関係が希薄なので導入しても有効に機能しない、といった意見です。

しかし、実際Chatterは組織において大きな効果をもたらしています。その5つの効果について説明します。

1. 会議時間を短縮

8b78540ca6c3d6d850957f533be1b2dd_s

ほとんどの会社で、毎週、あるいはもっと高い頻度で、大なり小なりの会議を開催されていることでしょう。そして、多くの人が「会議長いなあ」「もっと効率的にできないものか」といった感想を抱かれたことがあるのではないでしょうか。

Chatterは会議の時間を従来の半分にします。

なぜそんなことが可能か。それは、Chatterを利用することで会議前の準備を行うことができるからです。

会議に必要なアジェンダや配布予定の資料を事前にアップすることが可能です。ポイントは会議参加者全員が、その情報を共有できることです。

事前に資料の確認ができれば、会議での資料の説明などを省くことができ、会議の時には不明点の確認だけで済むので、会議の時間を短縮することができるのです。

2. 社員のモチベーションを高める

max16011542_TP_V

例えばある営業社員が大型案件を受注した、売上目標を大きく上回ったなど、賞賛すべきことが発生したとします。この時、朝礼や会議などみんなの前でその成果を称えれば、その社員のモチベーションを高め、他の社員の励みにできるでしょう。

Chatterでも同じことができます。Chatterには「お知らせ」と「リアクション」機能があります。

「お知らせ」には例えば「第一営業部◯◯チーム予算達成!」「◯◯君社長賞獲得!」という投稿が寄せられます。これを閲覧したユーザーは、SNSのように「いいね」ボタンを押して賞賛します。「頑張ったね。おめでとうございます」などのコメントも加えることも可能です。

こうしたChatterの使い方により、社員のモチベーションを高めることができます。

3. セールスフォース導入のハードルを下げる

0fccd32fe997aa5e0249e73033ba4496_s

SFAを導入する時、多くの企業に共通する課題は「営業社員にいかに使わせるか」です。営業支援を目的として導入するのに、当の営業に拒否反応を示されてしまっては意味がありません。

SFAは情報共有を第一義としているので、社員による情報のアップロードはシステム稼働のための絶対条件です。従来、個々の営業担当者でクローズしていた情報まで吸い上げることから、積極的になれなかったり、これまで慣れ親しんだ営業手法を変えねばならない部分があって抵抗を感じたりという理由で、システムが十分に稼働しないということが起こりかねません。

この時、営業社員の抵抗をなくする助けとなるのがChatterです。ChatterはSNSのように気軽に投稿ができるので、会話を楽しむような感覚で、情報共有を体験できます。

4. 担当者不在でも大丈夫

長い間フォローしてきた顧客からの引き合い情報は突然です。ある日突然電話があったり、来社したりすることがあります。この時、担当者が不在であったため、即座に対応できず後で連絡をすることになったとしたら、せっかくのチャンスをフイにしかねません。

この時、Chatterによるスピーディーな情報共有機能が真価を発揮します。例えば、顧客からの質問について、代理に出た者が回答できなくても、Chatterで担当者に質問を投げることで、数分後にはその質問に答えることが可能です。質問を聞いた担当者が関連する情報をさらに代理者に伝えることもできます。

Chatterによるスピーディーな情報共有は、ビジネスチャンスを逃しません。

5. 新しいつながりをつくる

2fba7c7e36bc372964a9f83ea225f631_s

Chatterは新しい人と人とのつながりを作る手助けもします。例えば異動により新しい部署に配属になる時、異動する本人も、受け入れる組織も、Chatterのコミュニケーションツールを使ってあらかじめ情報交換をしておけば、スムーズに人間関係を構築できます。

また、社内だけでなく、ビジネスパートナーである別々の顧客をChatterのグループに招き、顧客同士を結びつけることも可能です。それぞれに利益が生まれるようにうまく関係を作ることができれば、大きな意義があります。

おわりに

d62bb313df55a3ea7bb7c39b0bb1bde2_s

Chatterによる情報共有は、社内のコミュニケーションの方法を劇的に変えます。これまで、接点のなかった社員同士を結びつけたり、なかなか入手できなかった情報をすぐに見つけることができたりと、これまで想像もできなかったコミュニケーションの革新が起こります。

組織力は強化され、業務効率は向上し、新しいビジネスチャンスが出現するかもしれません。セールフォースのChatterの持つ可能性は大きいといます。

ダウンロード資料

SFAを通して働き方を変えるための資料をご用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

3分で分かるSansan

事例集

営業日報テンプレート

無料SFAサービスの比較資料

↑
気になる語句で検索してみましょう!