時間を制す者は仕事を制す〜なぜ営業はスケジュール管理が大切なのか - SFA Hacks - SFA徹底攻略!SFAの今を伝える

SFA徹底攻略!SFAの「今」を伝える

時間を制す者は仕事を制す〜なぜ営業はスケジュール管理が大切なのか

投稿日:2015年03月24日

はじめに

メイン

営業の仕事はお客様に会うことです。もちろんたくさんの人に会うことが大切です。しかし、商談だけでなく、準備などの事務作業が多くあることも事実です。成績向上のためには、訪問件数だけでなく、充分な準備による提案力向上も必要不可欠です。

スケジュール管理を行い、効率的に業務を構成することで、お客様の要望に合わせた準備ができ、たくさん商談を重ねることで成績を向上させていくことができます。また時間の配分をコントロールすることで、精神的な余裕やモチベーションの維持を保つことができます。

そこで今回は、スケジュール管理における重要なポイントをいくつかご紹介します。

あなたのスケジュールに無駄はないか?

営業というのは、お客様と会うことが仕事であるが故、業務の無駄に気づきにくいことがあります。
例えば、13時にA地域でアポイントがあり、15時にB地域でアポイント、17時にまたA地域でアポイントがあるとします。商談に遅刻は厳禁なので、移動時間は余裕を持って取っている人が多いでしょう。営業の時間効率化は移動時間を解決すると大幅に改善されます。そのアポイントをA → A → Bの順番で取ることができれば、移動時間を別の時間に使うことができます。

もちろんお客様の都合もありますが、日ごろから心がけることが大切です。同じ3件のアポイントでも業務量、時間が大きく変わってきます。特に1日でたくさん訪問をする場合は、その時間が後から長い時間となってきます。この日はこの地域でアポイントを集中させるというのも上手なスケジュール管理のひとつです。

スケジュール共有の大切さ

サブ

今まではスケジュール管理と言うと、自分が持っている手帳がすべてでした。しかし、今では携帯やPCで社内のスケジュール共有を行うことができます。管理職の立場からすると、スケジュール共有することで、各社員の動きを把握できるということがあります。

営業職の立場では、スケジュール共有することで、他の社員がどこを営業で攻めているのかが分かり、もう一つは上司との同行営業がスムーズになります。上司との同行営業を上手に使える人は営業成績にも反映される傾向があります。そして、周りの動きも頭に入れて、気配りができるようになると社内の信頼も築いていくことができるでしょう。

自分のスケジュールを分析してみよう

一度、自分の1日の動きを詳細まで書きだして、分析をしてみましょう。

  • 訪問件数に過不足はないか
  • 無駄な移動時間はないか
  • 空いた時間を有効に活用できているか
  • 提案の準備時間は確保できているか
  • 毎日の帰宅時間

書きだした動きから上記の5つを確認して、改善できるところを挙げてみます。できていないところは、自分の仕事のやり方に何か問題があるはずです。時間は皆同じ早さで流れますが、使い方は人それぞれです。それは一番差がでやすいところだとも言うことができます。

優秀な営業マンは、営業成績を残し、早く家に帰って自分の時間を確保できる人です。自分のスケジュールを客観的視点で分析でき、改善策を持つ人は、自分に投資するための時間をつくることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。まさに、「時間を制する者は仕事を制す」のです。
なぜあの人はたくさん顧客を抱えているのに、いつも早く帰っていくのだろう?という人があなたの会社にもいませんか。自分のスケジュールを分析したら、営業成績が優秀な人のスケジュール分析をすることも重要です。どうやってスケジュール管理をしているのか聞いてみるのも良いですね。目に見えないところで人と差をつけていきましょう。

↑
気になる語句で検索してみましょう!