次世代営業支援ツール「シビラ・メールソナー」とは? - SFA Hacks - SFA徹底攻略!SFAの今を伝える

SFA徹底攻略!SFAの「今」を伝える

次世代営業支援ツール「シビラ・メールソナー」とは?

投稿日:2015年03月06日  最終更新日: 2015年03月17日

はじめに

データ

2014年4月、株式会社環(かん)は「シビラ・メールソナー」の提供を開始しました。
これは、いつも通りにメール送信をしているだけで受注拡大に繋がるという、夢のような営業支援ツールです。なぜメール送信から営業支援に繋がるのでしょうか。メールソナーを活用することで期待できる効果をご紹介します。

シビラ・メールソナーを提供する環について

まずは、シビラ・メールソナーを提供している環についてご紹介します。環はウェブ解析をメインに事業を行っている会社です。ウェブ解析士協会の運営を行っている企業としても知られています。

環ではもともと「シビラ」というアクセス解析ツールを提供しており、サイト解析はもちろん、ユーザーの経路解析などができます。こうしたウェブ解析を行ってきた実績から、メールソナーが誕生しました。シビラ・メールソナーは、このシビラの技術を活用し、メール送信履歴から送信したメールの解析を行い、効果測定を行うことができます。

シビラ・メールソナーとは?

シビラ・メールソナーは、販促メールの効果測定を簡単に行うことができる営業支援ツールです。開封されたタイミングだけでなく、興味のある情報やコンテンツを解析していきます。つまり、いつも送っていたメールから見込み客を割りだし、リスト化していくことで営業支援に繋げることができるのです。

シビラ・メールソナーを使えば、見込みを狙って営業をかけることができたり、相手の興味を引き出せるので効率のよい営業ができます。メールに反応した場合、1時間以内に報告メールが届いたり、1週間まとめたデータもメールで手に入るという優れもの。メール送信の分析ができるというのはユニークなアイデア。何気なく送っていたメールの作成方法も分析ができるようになるのではないでしょうか。

導入手順

導入

シビラ・メールソナーの導入はとても簡単。利用登録をし、ウェブサイトへの登録・メールを送るパソコンの設定をするだけです。
Outlookプラグインをインストールすればメールソナーと連動させることができます。Outlookがなくともウェブ上のインターフェースからメール送信が可能です。導入後も通常通りメール送信を行うだけで解析が進むので、面倒な作業はないことが特徴です。特に営業負担もないので、簡単な手順で負担なく導入できます。

メールソナーの主な機能

メールソナーの主な機能は下記のとおりです。

  • 行動履歴検索
  • メール一括配信機能
  • クリック通知機能
  • 成果測定機能

シビラ・メールソナーの最大の特徴は、なんといっても送ったメールから相手の動きが分析できるということ。
また、成果測定から上司が部下の営業を確認できるということもウリにしています。

確かにデータとして有効なリストを作成するのはなかなか難しいことなので、日常的に使用するメールから有料顧客のリストがつくれるのは良いかもしれません。しかし、分析後の行動が最も大切なので、総合的にフォローしているというわけではなく、有効に活用できるかは導入後の活用方法が鍵になってくるでしょう。

導入費用

無料版と有料版があり、有料版の場合は初期費用が10万、月額で5万という料金設定のようです(2015年2月時点)。無料版は3名まで、有料版は4〜10名まで利用可能で、それ以上は別途料金追加になります。安い!と言える費用ではありませんが、上手に活用すれば提案の質は上げていけるでしょう。
スモールビジネスを展開している方や、試験的に初めてみたい方は、まず無料版を導入してみてはいかがでしょうか。

まとめ

シビラ・メールソナーは、メールを受ける顧客側からすると恐いツールです。
しかし、メールの効果測定はなかなかデータが取れないものですので、販促メールの質も上げていきたい、営業に繋げていきたいという場合は効果的だと思います。導入後に面倒な手間がかからないのは魅力です。

最初に無料版で試してみてから、有効活用できそうであれば有料版にし、社内で導入していくのが良い活用方法ではないでしょうか。

↑
気になる語句で検索してみましょう!