たまにカフェに行くと仕事の生産性が上がる理由とは? - SFA Hacks - SFA徹底攻略!SFAの今を伝える

SFA徹底攻略!SFAの「今」を伝える

たまにカフェに行くと仕事の生産性が上がる理由とは?

投稿日:2018年07月25日  最終更新日: 2019年03月07日

仕事に行き詰まった時、新しいアイデアが出ない時などに、「久しぶりにカフェに行くとなぜか集中できた」という経験を持っている方も多いのではないでしょうか。カフェに行くと集中して仕事を進めることができる理由とは一体何なのでしょうか。実は、SFAや他のクラウドサービスを使えば、カフェなどの社外でより効率的な働き方ができるようになります。

今回の記事では、カフェだと仕事がはかどる理由や、SFAやクラウドサービスを導入することのメリットについてご紹介いたします。

カフェに行くとなぜ集中できるのか?

カフェはオフィスや自宅とは環境が大きく違います。集中できる環境に身を置けば、思わぬ解決策が浮かんで、行き詰まった仕事を突破するのに役に立つこともあります。

普段とは違った刺激がある

自宅やオフィスとは、まったく違った環境だからこそ新鮮な気分で仕事と向き合うことができます。マンネリした気分ではなかなか仕事は捗らないのではないでしょうか。環境を一変することによってこれまでと違ったアイデアが出ることもあります。

集中力をさまたげる誘惑がない

自宅には仕事への集中力を妨げる様々な誘惑がありますし、オフィスだと上司や部下から声をかけられてやるべきことから意識がそれてしまうということも珍しくありませんよね。そうした環境だと、安心して全神経を目の前の仕事に向けることはできません。カフェだとそうした横やりが入ることがなく、目の前の仕事に没頭することができます。

適度な音が集中力を高める

「まったく音のない環境よりも、ある程度雑音がある環境(70デシベル前後)の方が人は集中力を発揮できる」という説があります。無音の世界よりも多少なり聞き慣れた音がある方が人は安心して目の前の対象に意識を向けられるのかもしれません。カフェによっては心地良い気分で過ごすためのBGMも流れていますので、リラックスして仕事に向き合いたい時はうってつけです。

制限時間があると人は集中できる

カフェでの仕事は店員の方の目などもあるため、長時間ダラダラと仕事を行うことができず、時間制限を意識することになります。限られた時間の中でアウトプットをすると、集中力は大きく高まります。試験勉強などでも時間が迫ったときの追い込みの方が、集中力が高くなったのではないでしょうか。時間の制約を意識することで生産性を高めることができ、またそれまで思いつかなかったような業務の改善策が出てくることもあります。

仕事に行き詰まったときは、オフィスで悩むよりもカフェなどに出て気分転換をしましょう

仕事に行き詰まったときや疲れた時に、そのまま続けていてもなかなか効率よく進めることはできません。そういう時は、カフェやコンビニのイートインコーナーなどに出かけてみてはいかがでしょうか。疲れた気持ちをリセットして、発想の転換をするのに役立ちます。また、その他の気分転換の方法もご紹介します。

外の空気を吸う

オフィスでの業務に疲れた時に、気分転換を兼ねて外で仕事をできれば良いですが、そこまで時間がとれないこともあると思います。そういうときには、少しだけでも外の空気を吸うとリフレッシュすることができます。脳は同じ刺激が続くとマンネリしてしまうので、外の空気を吸ってリフレッシュするとその後の仕事にも意欲を取り戻すことができるでしょう。

甘いものを食べたり、コーヒーを飲んだりして、やる気を高める

パソコンなどのデスクワークをずっと続けていると、体力はたいして使っていないのに倦怠感を覚えることはないでしょうか。脳を活発に使うとブドウ糖がどんどん消費されるので、疲労感を覚えるのです。

そんな時は甘い物を食べてエネルギーを回復しましょう。糖分を摂取することで集中力を回復させることができます。また、コーヒーを飲めば、中に含まれているカフェインの力で眠気を吹き飛ばすことができるので、さらに生産性を高めることができるでしょう。

カフェやコンビニなら、軽食やコーヒーが自由に注文できるので便利です。

軽いストレッチを行う

体がこわばった状態では血流が悪くなるので、なかなか目の前の業務に集中することはできません。そういう時は、ほんの数分ストレッチを行うだけで固くなった体をほぐすことができます。ストレッチを行うことで、血流を良くするだけではなくリフレッシュすることも可能です。疲れを感じた時には、ストレッチで体を伸ばしてみましょう。

目を閉じて頭の中の情報を整理する

近年、瞑想やマインドフルネスがビジネス界でも注目を浴びています。専門的な訓練を受けていなくても、目を閉じて頭の中の情報を整理すると、行き詰まった仕事を前進させることができる場合があります。

難しい案件をより細かいタスクに分けて処理することはできないか考えたり、昔こなした業務と似た部分がないかを考えて、かつて得た知見が活かせないかと想像してみたりすることで解決策が浮かぶことがあります。

目の前の仕事に追われていて発想転換が難しくなった時には、そっと目を閉じて、頭の中の情報を整理してみましょう。

カフェで仕事をする時に注意したいこと

カフェは集中して仕事を行いたい時に便利な場所ですが、様々な注意点もあります。カフェで仕事をする際に意識しておきたいことについてご紹介します。

カフェのピークの時間帯にいかない

お昼時などのように、カフェのピークの時間帯は仕事には向いていないでしょう。騒々しいので集中できませんし、長時間席を取っていると店員の目も気になってしまいますよね。店によっては時間制限があり、それを超えた場合退店を促されることもあります。制限時間がある方が集中力が高まるといっても、キリの悪いところで終えるのは嫌なものではないでしょうか。店がある程度空いている時間に行く方が、店にとっても、カフェで仕事をする人にとってもメリットが高いでしょう。

長時間カフェに居座らない

カフェの方が集中できるとしても、あまりに長時間いすわるのも問題です。気持ちがダレてきますし、集中力が続かなくなるので意味がありませんよね。。カフェで仕事をする場合には、適度な時間で切り上げて次の仕事に移りましょう。一般的に、大人の集中力の持続時間の限界は大学の授業1コマ、おおよそ90分程度とされています。90分を超えてしまうと大幅に効率が下がるのです。

FREE Wi-Fiの使用は注意する

現代社会で仕事をしていく上で、インターネットは欠かせないものではないかと思います。カフェなどにはFREE Wi-Fiがありますが、セキュリティや情報を盗み見られる可能性などにおいて不安があります。他の人に見られるわけにはいかない大切な情報のやりとりはFREE Wi-Fiでは行わないようにしましょう。また、もし会社側が用意してくれるのであれば、VPNなどの技術を利用して通信の安全性を高めてからデータのやりとりをするようにしましょう。

電源が確保できる場所を探す

せっかくの集中できる環境であってもノートPCの電池がなくなってしまっては仕事になりません。コンセントのあるカフェが仕事をするうえでは最適です。どういったカフェなら電源が確保できるかを把握しておけば、どこで仕事をするかを考える時に店選びが楽になります。

SFAを活用すればカフェでの仕事もはかどります

SFAを導入すれば、数値の可視化や集計、営業プロセスの管理、チーム内での情報共有など、様々な営業活動の改善を行うことができます。また他のクラウドサービスにおいてもデータの受け渡しやコミュニケーションを大幅に楽にしてくれますので、それらを利用することができればカフェでの仕事も効率よく進めることができます。

社外から情報にアクセスすることができれば、社内にいる時とほとんど同じような感覚で仕事を進めることも可能です。社外で提案書を作成して、そのままお客様のところにいって営業することもでき、業務効率が飛躍的にアップします。

SFAやクラウドサービスを使う事で、それらがなかった時代にはできなかったであろう働き方ができるようになりました。課題の可視化、チーム内での共有、移動時間の削減など、社外での時間を活用することができれば自社の営業をさらに強力にすることができるでしょう。

最後に

仕事は、必ずしも会社でやらなければならないものではなくなってきています。インターネットの恩恵によって在宅勤務を行うこともできるようになっていますし、外回り中や出張中でもVPNなどの技術を用いて、安全に通信しながら仕事を進めることができるようになりました。

社外での時間を有効活用しながら、仕事の生産性をさらに高めていきましょう。

ダウンロード資料

SFAを通して働き方を変えるための資料をご用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

3分で分かるSansan

事例集

営業日報テンプレート

↑
気になる語句で検索してみましょう!