計画性と効率を高めることができる営業支援ツール「営業支援テンプレート」 - SFA Hacks - SFA徹底攻略!SFAの今を伝える

SFA徹底攻略!SFAの「今」を伝える

計画性と効率を高めることができる営業支援ツール「営業支援テンプレート」

投稿日:2013年10月22日  最終更新日: 2014年10月07日

会社の最前線で戦っている営業。厳しいノルマや重いプレッシャーを課せられ、成果が出なく辛いときもあるだろう。そんな営業マンが、商談を効果的に進めるために役立ちそうなソフトウェアがある。それが、「営業支援テンプレート」だ。

営業支援テンプレート

img_sales-support

商談履歴をわかりやすく把握

一日に複数の会社へ訪問する営業にとって、情報の整理は必要不可欠。とりわけ新規のクライアントや見込客は、売上を伸ばすのに大きく貢献するので商談を成功したいものだろう。様々な営業スタイルがあると思うが、時間をかけて契約に成功する案件攻略型営業では、この「営業支援テンプレート」が大きく活用できそうだ。

img_sales-support_flow

「営業支援テンプレート」は顧客情報やその顧客に合わせた案件情報を詳細に明示し、その商談履歴をもとに管理者から改善案をもらうシステムだ。各情報はカテゴリー別になっており、商談の結果や受注、売上金額など一目で分かるようになっている。

img_sales-support_screen_01_big

営業では、商談の進捗状況を把握することも大切である。予算に対する進捗を担当者/部門と別々に分け、それをリアルタイムに把握することができる機能は心強いだろう。

また、管理者が商談の経緯を分析・指摘できるので、それを受けた営業担当者は取引先にどのようにアプローチしていくか計画を立てるのにも役立つ。おのずと、契約率の向上に繋がるというわけだ。

img_sales-support_screen_02_big

営業担当者が案件の見込状況や競合先、商談の結果を登録していくことで、管理者は半年や一年後の売上見込や受注者数を選考管理することができる。

こうした日々の情報分析の中で、案件が足りなさそうであれば新規開拓をするように指示することができるし、少し大きく値引きをしてもなんとか案件を受注するように現場に指示をするといったマネジメントが可能になる。

それ以外の機能にも「クレーム明細表」や「長期未訪問リスト」など、利便性に富んだものもある。「営業支援テンプレート」を活用することで、不備のない商談ができるだろう。

社員の実績を一括で可視化し、モチベーションの向上にも繋がる

img_sales-support_screen_03_big

営業は、やはり数字が上がればやる気も上がる。その相乗効果を使う手はないだろう。

「営業支援テンプレート」では、受注・売上などの項目実績を比較する対比表が入っている。このように社内で共有することで、対抗意識が芽生え頑張る者や基準値に達していない者へ努力を促進することも可能だ。また実績は「決定」だけでなく、「決定+A見込」枠に入っている点も良い。これで、誤解なく実績情報を把握することができる。

まとめ

会社の売り上げを伸ばすには、営業の手腕が重要だ。強い営業力のある人材は、それだけ会社への貢献も高いといえるだろう。

「営業支援テンプレート」は、管理者のコメント機能や商談履歴などを含み、強い営業マンの育成にも貢献してくれそうである。また、日報や実績対比表をはじめとした手間のかかる業務も、このソフトがあればすぐに終わる。
営業の成績が伸び悩んでいる、もしくは営業は取引先のニーズが合わず契約に結びつかないといった課題を持つ企業にとっては、営業力向上の意味でメリットがありそうだ。

↑
気になる語句で検索してみましょう!