KnowledgeSuite GRIDY SFA の評判・口コミ・レビュー

SFA徹底攻略!SFAの「今」を伝える

様々なアプリケーションとの連携できて多彩な利用方法できる「Knowledge Suite GRIDY SFA」

投稿日:2013年07月30日  最終更新日: 2014年10月07日

Knowledge Suite GRIDY SFA

1375322580-9dcd21c1

「GRIDY SFA」は、営業支援を強力かつ簡単に行えるアプリだ。問い合わせ情報や名刺情報の取り込み、問合せ履歴管理、営業活動の集計・分析ツールといったアプリと合わせて連携利用できる統合ビジネスアプリ「Knowledge Suite」を構成しているアプリである。「Knowledge Suite」は、企業のすべての部門がそれぞれの部門に適したアプリや機能を利用しながら必要な情報を共有することができる。

Knowledge Suite GRIDY SFA1

ちなみに「Knowledge Suite」では、多くの機能の中から自社で使う機能のみを選択・拡張できるようだ。無駄なく利用できるので、「機能が多すぎて使いづらい」ということはないだろう。

初心者ユーザーにも配慮された機能

簡単な入力機能や柔軟なカスタマイズなど、「GRIDY SFA」は誰にでも抵抗なく簡単に利用できるだろう。さらに情報はグラフ表示ができるので、分かりやすさにも配慮されている。
主な特徴としては、次の3点だ。

  • 1)3ステップの簡単入力で営業報告情報の蓄積が可能
  • 2)受注見込み、予実績管理が見やすいグラフでリアルタイム表示でき、迅速な問題点の把握とそれに対する対策が可能
  • 3)自社の業務内容に適するように項目・レイアウトの変更ができ、使い勝手を向上させることが可能

商談の見える化にも貢献する機能

Knowledge Suite GRIDY SFA2

「GRIDY SFA」では顧客そのものを把握し、顧客毎に進行する商談内容を見える化できる。

また次のように、SFAとしては十分な機能があり、結果に対して分析・改善していく機能が十分に揃っている。

(1) 顧客管理機能

・営業報告作成・管理・共有機能
・顧客情報蓄積機能
・顧客企業担当者情報蓄積機能
・問合せ内容登録管理機能
・問合せに対するFAQ管理機能
・投資効果管理機能

(2)商談管理機能

・全ての商談見込み売上管理機能
・商品カタログ機能
・契約内容管理機能

(3)分析機能

・進行中の案件リアルタイム管理機能
・情報データのグラフ化機能
・売上・受注件数目標に対する進捗管理機能

「GRIDY SFA」の導入効果

「GRIDY SFA」を導入すれば、顧客情報と営業報告を入力するだけで、簡単に営業プロセスの可視化が可能になる。その結果として、PDCAの迅速化にも繋がるだろう。

Knowledge Suite GRIDY SFA4

入力情報が整理されているので、SFAを初めて使うという人でもすぐ使用方法を覚えられそうだ。実現できる機能に対し、利用者側の手間は大きく効率化されているようだ。

まとめ

「GRIDY SFA」の持つ一番の特徴は、ユーザーが必要な機能・アプリを選択して連携させることができる点だろう。そのため、業務に必要な機能のみを利用できる使いやすさが魅力である。無料トライアルも用意されているので、SFAを導入する際は、まずその機能を確認してみると良い。

↑
気になる語句で検索してみましょう!