5,000社以上が導入するMAツール「Marketo(マルケト)」の魅力とは? - SFA Hacks - SFA徹底攻略!SFAの今を伝える

SFA徹底攻略!SFAの「今」を伝える

5,000社以上が導入するMAツール「Marketo(マルケト)」の魅力とは?

投稿日:2017年10月11日  最終更新日: 2017年10月11日

米国企業が開発したマーケティングオートメーションツール「マルケト」は、マーケティング活動を効率化し、売上を伸ばすツールとして注目を集めています。「マルケト」は9つの機能を用い、様々な角度から顧客にアプローチできるのが特徴です。

ここでは、マーケティングオートメーションの役割と、「マルケト」ではどのようなことができるのか、その機能をご紹介します。マーケティング活動の強化を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

マーケティングオートメーション(MA)とは?

マーケティングオートメーションとは、企業のマーケティング活動において発生する事務的な作業や、膨大なデータを扱う処理を自動化すること、またそのツールのことをいいます。日本では、Marketing Automationの頭文字をとって「MA(エムエー)」と呼ぶことも少なくありません。

マーケティングオートメーションの目的は、見込み客や営業リストを有効な商談に引き上げるなど、営業活動のサポートをすることにあります。具体的に自動化される業務は、リードの管理やキャンペーンの管理、メール配信などの施策です。

Marketo(マルケト)とは?

マーケティングオートメーションを導入するメリットを学んできました。ここからは代表的なマーケティングオートメーションツール「マルケト」の特徴や機能について見ていきましょう。

米国で創業したマーケティング専業ベンダー

「マルケト」は2006年に米国で創業した企業です。マーケティング専業ベンダーとして、主要ベンダーの中では一線を画した存在となっています。米国で創業した企業ではありますが、2014年には日本での営業活動を開始。日本語のインターフェイスと日本語でのサポートが提供されています。

世界39カ国、5,000社以上が導入する「マルケト」

「マルケト」は世界39か国において5,000社以上が導入している代表的なマーケティングオートメーションツールです。リードナーチャリングやスコアリング、マーケティングのROI解析機能などに優れ、マーケティング活動を効率化するツールとして注目を集めています。

Marketo(マルケト)の特徴

5,000社以上が導入する「マルケト」の魅力はどこにあるのでしょうか。ここからは機能を具体的に見ていきましょう。

マーケティングの状況に応じたアプリケーションを選択できる

「マルケト」の魅力は、9つのアプリケーションの中から状況に応じて必要なものを選択できることにあります。ではその「マルケト」が備える9つのアプリケーションとはどのようなものなのか、その特徴をご紹介します。

マーケティングオートメーション

商品に興味がある顧客を見つけ出し、育成し、購入につなげる仕組みを整えるのがマーケティングオートメーションの役割です。商品を探している顧客に的確に情報を提供できるように、検索エンジン最適化(SEO)ツールを用い、質の高いトラフィックを誘導します。

また、FacebookやGoogleなどの広告プラットフォームと接続した広告キャンペーンの実施、パーソナライズ化したメッセージやオファー、画像を用いたアプローチでウェブサイトへの訪問者をしっかり惹きつけることも可能です。

メール

「マルケト」では誰でも簡単に、どのデバイスでも見やすいメールを作成できるよう、レスポンシブ対応(スマホ対応)のテンプレートが用意されています。また、顧客の行動に応じてターゲティングし、メールの自動配信を行うことも可能です。

メールの配信数が多くなると、配信エラーが発生してしまうこともありますが、「マルケト」は業界随一の到達率を誇り、年間の配信数が数百万件であっても確実に配信できる仕組みが整っています。

モバイル

スマホの普及率が高まる今、モバイルアプリを用いたアプローチが必須となっています。「マルケト」では顧客の位置に関わらず、継続中の会話を統合しその他のマーケティングチャネルとの垣根をなくします。

また、ビーコンとジオフェンシング技術を用いることで、顧客のロケーションに応じたメッセージ配信を実現。店舗で商品を見ているときや展示会会場など、より効果の高いタイミングでアプローチすることができます。

ソーシャル

多くのユーザーが手軽に利用する、SNSを活用したマーケティング活動が欠かせなくなってきています。SNSは新規顧客の獲得にも、既存顧客との関係構築にも効果的な施策といえるのです。

「マルケト」では、ソーシャルメディアを通じて顧客を理解したり、投票や紹介プログラムなどのキャンペーンを実施することができます。また、内蔵されたソーシャルメディア共有ボタンなどを用いて、顧客自身によるシェアを促すことも可能です。

デジタル広告

「マルケト」上に蓄積された顧客の興味や趣向に合わせてセグメント化し、FacebookやGoogleなどの広告プラットフォーム上で活用することができます。ROIを向上させるには、適切なユーザーに適切な広告を配信する必要がありますが、「マルケト」にはその環境が整っているといえるでしょう。

ウェブ

顧客がWebサイトを訪問した際に、深い関係を構築できるようになっているのも「マルケト」の特徴です。新規顧客のロケーションや参照元URLなどをもとに、リアルタイムでパーソナライズ化したアクションを実施することができます。

また既知の顧客に対しては、顧客情報や勤務先、他のチャネルでの行動パターンなどと関連付け、Webサイト上でもパーソナライズした施策を実施します。これらにより、Webサイト訪問者のコンバージョンを高めます。

アカウントベースドマーケティング

同一企業の中から有望な見込み客を割り出してターゲットし、成約までの速度を早めることが可能です。アカウントベースドマーケティングを行う際に必要となるデータは、リード管理機能やマルチチャネルでのエンゲージメントなど多岐に渡ります。これらをひとつのプラットフォームで一元管理できる機能は、重宝するでしょう。

マーケティングアナリティクス

ドラッグアンドドロップ式の直感的なインターフェイスを用いた「マルケト」の分析レポートは理解しやすく、適切なマーケティング活動を行う助けとなります。マーケティングの課題として、各キャンペーンがどの程度売上に貢献したかが見えづらいということがありますが、「マルケト」ではカスタマージャーニーの各ステージごとに売上への影響を表示。キャンペーンの選定がしやすくなるだけでなく、経営陣へ報告する際にも役立ちます。

プレディクティブコンテンツ

ユーザーはWebサイトを訪問したが、欲しい情報を見つけられないという状況に陥りがちです。「マルケト」では、機械学習とプレディクティブアナリティクスを使用し、自動で最適なコンテンツを提示するレコメンド機能を備えています。

Marketo(マルケト)の導入事例

5,000社にのぼる「マルケト」導入企業の中から数社、事例を紹介します。

株式会社クレスト

ファッションブランドを中心に4,000社以上の取引実績を持つ株式会社クレストでは、「営業支援」「メールマーケティング」「リードナーチャリング」を目的に「マルケト」を導入しています。代表取締役社長の永井氏は「MAを活用することで、目の前に山積する経営課題を解決する可能性を感じました」と語っています。

参考サイト:クレスト|導入事例|マーケティングオートメーション(MA)ならマルケト

株式会社IDOM

中古車買取販売実績NO.1を誇る株式会社IDOMでは、「メールマーケティング」と「リードナーチャリング」を目的に「マルケト」を導入しています。特に来店後から2週間に渡って配信するステップメールが高い成果を上げています。

参考サイト:IDOM|導入事例|マーケティングオートメーション(MA)ならマルケト

株式会社マネーフォワード

自動家計簿・資金管理サービスを提供している株式会社マネーフォワードでも同様に、「メールマーケティング」と「リードナーチャリング」を目的に「マルケト」を導入しています。導入の決め手は、複数人で使いやすく、リストの管理が煩雑にならないためだとしています。

参考サイト:マネーフォワード|導入事例|マーケティングオートメーション(MA)ならマルケト

まとめ

マーケティングオートメーションツール「マルケト」の特徴や機能をご紹介してきました。マーケティングオートメーションツールの乗り換えには、データの移動などに大きな労力が必要です。その点を考えると、9つの機能を必要に応じて使い分け、カスタマージャーニーを描くことができるのは強みといえるでしょう。マーケティング活動を強化したい、またはROIやコンバージョンを高めたいと考えている方は、「マルケト」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ダウンロード資料

SFAを通して働き方を変えるための資料をご用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

3分で分かるSansan

事例集

営業日報テンプレート

無料SFAサービスの比較資料

↑
気になる語句で検索してみましょう!