【ビジネス開発担当必見】人脈形成を効率化する2つのポイントをご紹介 - SFA Hacks - SFA徹底攻略!SFAの今を伝える

SFA徹底攻略!SFAの「今」を伝える

【ビジネス開発担当必見】人脈形成を効率化する2つのポイントをご紹介

投稿日:2014年11月05日  最終更新日: 2016年09月30日

はじめに

1 (1)

 

ビジネス開発や戦略の立案をする上で、日頃から人脈形成と情報収集に力を入れている方は多くいらっしゃることでしょう。
その中で、情報収集に関しては自分で独自の方法を得ることができたが、どうしても人脈の形成が上手くできないという方は多くいることだと思います。

 

どうして人脈の形成は難しいのか?

 

★そもそもどこに行けば、自分の出会いたい人物と出会えるのか?

 

この点が不明になっているという方は多くいることだと思います。
この疑問にお応えする前に、まずは人脈形成を効率的に行いたいという方に、知っておいていただきたい2つのポイントをまずはご紹介させていただきます。

 

どんな人脈が作りたいかによってアクションは変わる

 

人脈の形成は2つの種類があると考えられます。

タイプ1 : 今後に活かせそうな人脈の形成

大勢

一般的な人脈形成となればとにかく大勢の人脈を作ることを目標とする方も多い事でしょう。

このような場合は一種のコミュニティに参加することで目標は達成することができると思います。

例えば勉強会やセミナー、イベントなどに参加するうちに、コミュニティに属している人に出会う事があることでしょう。

その際に積極的にセミナーや勉強会のお誘いがあれば参加していきます。

そもそも自分の興味があるセミナーなどに参加すれば、周りの人も同じように興味があって参加しているため、比較的自分が求めているような人と出会う事は可能であることでしょう。

 

タイプ2 : 目的を達成するための人脈の形成

1

例えば共同セミナーがしたいという目的を考えた場合、必要となる人脈は必然的に定まって来ると思います。

セミナーの企画をするには、マーケティング部や広報の部門の人物と出会う必要性があると考えられることでしょう。

その際、勉強会などではなかなか上手く人脈の形成をするのは難しいことだと思います。

そこでポイントになるのが社内の人脈を活用することです。

 

例えばあなたが、有名な講師を迎えてセミナーがしたいと考えた場合、社内の人脈が豊富な人間に、A社の社長にセミナー講師を依頼したいのだが、人脈を持っていないか?

と聞く事ができることでしょう。

 

あるいは、社外の人脈を活用することも可能です。

講師に招きたい人物と共通の知り合いがいれば、実際にその人物に紹介してもらうといいでしょう。

 

ここでのポイントは、人脈を形成したい人物を明確にし、周囲の人物に協力を得ることです。

そのため、日頃からSNSや人脈の共有を積極的にすることが、よりよいビジネスの進め方となる事でしょう。

 

人脈を組織として構築するには

 

人脈を組織として共有するには、今、流行りの名刺管理がオススメです。
実際に組織として、人脈を蓄積していれば、組織のビジネスを促進していくことが可能です。
わかりやすいイメージの動画もあるので、ぜひ御覧ください。

 

 

実際に名刺管理をしてビジネスを円滑に進めている企業は今、2,000社以上います。

6f89d3048e4de7a93456c2a008f0cd0e-680x417 04f4b5d1d6bb69d896b8cd5f05edad3b-680x424

 

 

ぜひ、御社のビジネスを促進するためにも、人脈の旧友をしてみるのはいかがでしょうか。
実際の詳しい活用事例もこちらでご紹介しておりますので、ぜひ、ご利用ください。

詳しい活用事例はこちらから

↑
気になる語句で検索してみましょう!