老舗SFA WonderWeb CRM/SFA - SFA Hacks - SFA徹底攻略!SFAの今を伝える

SFA徹底攻略!SFAの「今」を伝える

老舗SFA WonderWeb CRM/SFA

投稿日:2013年12月12日  最終更新日: 2014年10月07日

WonderWeb CRM/SFA

wonderweb_logo

株式会社シーイーシーの提供する「WonderWeb CRM/SFA」はレイアウトの変更や自分にあわせて機能のカスタマイズなどが簡単にできるウェブベースの顧客管理・営業支援システムだ。

WonderWeb CRM/SFAは営業マンの行動の無駄の排除や情報のシェアを支援するソリューションを提供する。
また、日報、週報など営業活動のサポートもでき、どのような職種の営業活動にも活用することが可能だ。

また、単なるSFA/CRMサービスではなく、ユーザーの利用が定着した効果を実感できるまでサポートが充実している。

便利なUCL(ユーザ・カスタマイズ・レイヤ)機能

WonderWeb CRM/SFAのコンセプトとして特徴的なのがUCL(ユーザ・カスタマイズ・レイヤ)機能だ。
グループウェア機能のスケジュール管理、顧客データベース、BBSを筆頭に、コール分析や販売集計、顧客評価(ABC分析)といった営業支援やドキュメント管理機能など、多くのテンプレートから最適なものを選び、プログラミングの技術なしに様々な業種、業務に特化したシステムを構築することが可能だ。

全社員で情報を共有してPDCAサイクルを回す

WonderWeb PDCAサイクル

例えば情報共有機能は、各営業マンが個人個人で抱えていた顧客の情報、クレームの情報などを全社員で共有することができる。
これにより今まで各営業マンが持っていた営業ノウハウを社員全員でシェアすることができ、社内コミュニケーションの強化を実現している。

スケジューラーに書き込んだ情報は即座に営業活動情報に変換されるため、難なく営業データの蓄積が可能だ。
商談の進捗を色やアイコンで表示することで非常に分かりやすく認識できる。
また蓄積した営業プロセスは商談の成功・失敗にかかわらず意義あるデータとして残すことができる。

ストックされた営業プロセス、リザルトのデータを集計。
様々な無駄のカットや効果的な施策を行っているかなど、色々な切り口での分析が可能になり、営業活動の課題を浮き彫りにできる。

また、情報の分析によりプライオリティの高い顧客の絞り込みも容易になる。
表層化しづらい潜在顧客に照準を合わせた営業活動が可能になる。

ブラウザ操作で簡単に操作でき、新たに複雑な操作を覚える必要がないのもありがたい。
また、入力は選択方式を多く取り入れ、極力入力の手間を省く設計になっている。

スマートフォンやフィーチャーフォンにも対応しているため、社外での情報共有もスムースだ。

まとめ

いかがだっただろうか。
SFAという言葉ができる2001年から、いまだ輝き続けているWonderWeb CRM/SFA。
ぜひ使ってみてその歴史の重さを実感していただきたい。
対応ブラウザはInternet Explorer 6.0~8.0となっている。

↑
気になる語句で検索してみましょう!