ウェブトゥリード(web to lead) - SFA Hacks - SFA徹底攻略!SFAの今を伝える

SFA徹底攻略!SFAの「今」を伝える

ウェブトゥリード(web to lead)

2017年09月21日

ウェブトゥリード(web to lead)とは、Webを使用して、顧客が自ら情報登録をする仕組みを作り、リードを集めていく手法です。リードを集める手段としてはインターネットの普及以前は展示会やDMなどの直接的に相手にアプローチする方法が一般的でしたが、現在では顧客が検索したWebから、必要性を感じた顧客自身が個人情報を登録する流れが多くなりました。その手法はWebページの各所に、トライアル製品や会員登録などのボタンを置いて多くなどです。ウェブトゥリードで集められたリードは、SFAやCRMといった上位のシステム憎みことが容易で、リードナーチャリング、セールスおよびクロージングへの展開が容易になります。また、展示会やDMというのはコストがかかりますので個人企業には困難な場合もありましたが、ウェブトゥリードでは比較的容易にリードを取集できることもメリットの一つです。

↑
気になる語句で検索してみましょう!