コアコンピタンス - SFA Hacks - SFA徹底攻略!SFAの今を伝える

SFA徹底攻略!SFAの「今」を伝える

コアコンピタンス

2017年09月21日

コアコンピタンスとは、自社の事業において、中核となり他社に比べて圧倒的に強い力のことです。1994年経営学者ゲイリー・ハメル、ミシガン大学教授C・K・ハメル両氏による「コアコンピダンス経営」に記されていました。この考えの発表当時、世界的にはリストラクションなどの企業のダウンサイジングによる企業の収益適正化が主流の時代であり、その流れを受けつつも中核となる力に特化して将来的な収益拡大を考えていかなければならないと説いたものです。コアコンピダンスとは、企業が存続できていれば、どの企業でも必ず持ち合わせているものであり、明確に意識できるかどうかはコアコンピダンスを厳選しているかどうかにかかってきます。コアコンピダンスが定義できると自社のことを「○○に強い会社」と定義できるのです。

↑
気になる語句で検索してみましょう!