AIDMA - SFA Hacks - SFA徹底攻略!SFAの今を伝える

SFA徹底攻略!SFAの「今」を伝える

AIDMA

2017年09月15日

AIDMAとは、消費者が購入を決定するまでのプロセスを説明した仮説です。アメリカのローランドホールが提唱しました。AIDMAの過程は認知段階としてのAttention(注意)、そして感情段階としてのInterest(関心)、DESIRE(欲求)、Memory(記憶)、最後に行動段階のAction(行動)の3段階です。消費者行動の基本的形であり、購入後、さらに満足で占めるAIDASモデルや、記憶の代わりに確信を置くAIDCAモデルなどの発展形態があります。商品の供給が過多になり、情報がインターネットを通じて簡単に入手できるようになると、消費者の中で商品を所有したいという要求が薄れてくるともに、商品を記憶する代わりに検索して商品の情報を知るようになったのです。さらに、購入後はそのものの評価を共有することを目的とするようになりました。このモデルを表す言葉がAISASです。

関連用語

ファネル AISAS
↑
気になる語句で検索してみましょう!