CPA - SFA Hacks - SFA徹底攻略!SFAの今を伝える

SFA徹底攻略!SFAの「今」を伝える

CPA

2017年09月15日

CPAとは、キャンペーンやインターネット広告などで、実際に商談成立がいくらかかったのかを見る指標です。実際の商談成立のことをコンバージョン(以下CV)と呼びますが、CPAを見ることによってCVにかかった費用を確認し、その顧客獲得の手段が適正な利益を生んでいるのかどうかを判断することが出来ます。例えばインターネット広告において、広告の総額が10万でCVが1000件とすると、そのCPAは100円です。この100円が商品の販売利益においてどの程度の割合なのかを確認し、適正な利益が確保されていないのであればその広告報酬を見直す必要が出てきます。またCPAはセミナー参加者を集う広告などでは、予定されたCPA例えば5000円に達するまで広告を続けるなどの目安として使用される場合があります。

↑
気になる語句で検索してみましょう!